Loading...

Seta

Maple T.A. 2016.1 での作問 多項式の商と余り

98 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Sep 6, 2017

訂正
0:09:30 expand を Maple の変数と言ってますが関数です

0:00:00 解答方法
0:01:17 コンテンツレポジトリと Maple T.A. の3層構造
0:01:50 問題デザイナを開く
0:02:45 問題名や問題文の入力
0:03:30 Maple T.A. 変数名の説明
0:04:10 解答エリアの設定
0:06:25 フィードバックの設定
0:06:40 アルゴリズム関数の設定
0:10:20 $ansdisp の定義. 訂正:動画ではそうしてませんが, Maple関数 $disp=maple("proc(A) printf(MathML[ExportPresentation](A)); end proc;"); を定義して $ansdisp=maple("$disp($ans)"); とするほうが整理して書けます.
0:10:50 採点関数 $grade
0:12:00 プレビューと入力と採点の実験
0:13:20 数式の等価性の基準
0:15:30 コンテンツレポジトリ内での既存の問題のコピーや変更
0:16:30 作問手順のまとめ



(続編)因数分解の作問 https://youtu.be/LOs1h43o4xA

アルゴリズム変数部分のソース
https://gist.github.com/hig3/d97de776...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...