Loading...

17/05/2017『Dabchick かいつぶり』#かもし(Original Piano オリジナル ピアノ)

97 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 17, 2017

『Dabchick かいつぶり』


村上春樹さんの短編


「カンガルー日和」の中の1つみたいなんだけど
自分は「はじめての文学」でこれを読んだ



いやー大作読むのもいいんだけどさ
最近短編にもっぱらハマってる

なんというか作者と距離が近い感じがするんだよね

大作は丁寧に磨いて組み立てられた完成品を
これでどうだと見せつけられてる感じがするんだけど
短編は実験的だったり
書きたいから書いている感じのものだったりで

なんというか人間臭いって表現はあまりにチープだけど
ま、なんとなくわかるでしょ?


ちなみにこの「はじめての文学」は名前の通り年少者向けの作品集で
作者が自分の過去の作品をテーマに沿ってチョイスしてるみたい
他にも村上龍さん、よしもとばななさん、宮部みゆきさん等々全12名の方がそれぞれ出してるんだと



楽しそう~



ところでかいつぶりってなんなの?




Wikiよりあらすじ



200メートルか300メートル、いや1キロは歩いたかもしれない。
コンクリート造りの狭い階段を下りた先の長い廊下を「僕」はひたすら歩き続けた。
突然T字路につきあたった。
今日はやっとみつけたうまい仕事の最初の出社日である。
この仕事は楽だし、給料は目玉が飛び出るほど良い。
ともかく葉書に書いてあるとおりドアを見つけるしかない。
十円玉を放り上げ、表が出ると右側の廊下を進んだ。

なんとかドアに辿り着き、ノックをすると中から一人の男が姿を現した。
男は合言葉が必要だと言う。
それがないと誰も通すことができない。

ヒントをもらえないかと頼むと、男は「それは禁じられてるんだ」と言った。
しかししばらく迷ってから、小さい声で「僕」にヒントを耳打ちした。




ま、こんな感じ


おすすめ
https://youtu.be/y4GaFY4eA8g


鴨志田怜
HP https://satorukamoshida.wixsite.com/s...
Twitter https://twitter.com/s_kamoshida
Instagram https://www.instagram.com/piano_of_ka...

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...