Loading...

トロッタの会『ヘンリー八世の主題による詩唱曲』

347 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Dec 12, 2011

2010年11月6日(土)、早稲田奉仕園スコットホールでの第12回「トロッタの会」より。ヘンリー八世 作曲、木部与巴仁 詩・詩唱 『ヘンリー八世の主題による詩唱曲』ヴァイオリン戸塚ふみ代、ヴィオラ仁科拓也、打楽器 内藤修央
【曲紹介】ギタリスト、萩野谷英成氏が演奏されたヘンリー八世の曲を聴いた直後、詩が書けると思った。[記;3月28日に演奏を聴き、詩は5月15日に完成]テューダー朝のイングランド王、16世紀前半に力を振るった、現代日本から遠い時空にある王が曲を書いたこと自体が物語だ。この曲を聴いたことで、ヘンリー八世は現在形の人物となった。王の物語はシェイクスピアが芝居にしたが、ヤン・コットの『シェイクスピアはわれらの同時代人』という一冊も思い出していた。音楽も演劇も、過去に書かれたものだが、現代人にしか演奏、上演できないのだから、いつまでも現代の表現であり続ける。[記;楽譜は、Universal Guitar Edition UE 18 983を使用する] 〈K〉

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...