Loading...

AKB48 大島優子 バイトル CM

2,957 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 16, 2014

大島優子
おおしま ゆうこ
大島 優子は、日本の女優、アイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームKのメンバーである。同チームではキャプテンを務める。本名同じ。愛称はゆうこ。栃木県下都賀郡壬生町出身。太田プロダクション所属。スリーサイズは82-55-81。 ウィキペディア
生年月日: 1988年10月17日 (25歳)
生まれ: 栃木県 壬生町
受賞歴: 日本アカデミー賞 話題賞
参加ユニット: AKB48 (2006年から)、 Not yet (2011年から)
レーベル: キングレコード、 デフスターレコーズ、 日本コロムビア



AKB48関連 AKB48の中心メンバーの一人であり、じゃんけん選抜を除いた全てのシングル表題曲の選抜メンバーに選出されている。さらに前田敦子(卒業)→渡辺麻友・高橋みなみらとともにメディアや雑誌をはじめ多方面からエースの一人として扱われている。 キャッチフレーズは「目で負かし、心で伝える、変幻自在のエンターテイナー、大島優子です」。 愛称は、同姓の大島麻衣が在籍していた(2009年4月卒業)ということもあり、メンバーのほとんどは「優子」や「大島さん」と呼んでいる。 AKB48デビュー当時は栃木県から通っており、夕方にレッスンのために東京に行き、夜間に帰宅するという生活だった。 メンバーの中では足が速く、運動神経も良い。 2009年10月10日に開催された『AKB48 チーム対抗大運動会〜絆よ永遠に〜』でのスプリンター決定戦で優勝し、NO.1スプリンターに輝いた。 『AKBINGO!』の「ムチャぶりドッジボール」企画では次々にメンバーをアウトにしていくことから「ハンター」の異名を持つ。 Not yet「波乗りかき氷」のPV撮影でサーフィンをした時には、初挑戦だったにもかかわらず10分程度で波に乗れるようになり、「1時間はかかると思っていたのに」と大島自身が驚くほど[30]。 自身のソロ曲である「泣きながら微笑んで」を持ち歌としている。毎回ステージに出る前には、音程を取るため増田有華が手を握り締めながら歌ってくれていた[21]。 お気に入りのAKB48の楽曲は、チームAの「背中から抱きしめて」[31] である。 旧チームKで一緒だった梅田彩佳、松原夏海、野呂佳代らと自主的にダンスグループ「梅島夏代」を組んでいる。 ラジオ『AKB48 今夜は帰らない...』の企画ユニットとして梅田彩佳、戸島花(2008年11月卒業、元・SDN48)と「H3O」(本当に3人は大人なの)を結成した。 劇場公演『チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」』の「友よ」および、シングル「GIVE ME FIVE!」では、エレキベースを担当。 その他のAKB48メンバーでは、柏木由紀、渡辺麻友、篠田麻里子(2013年卒業)、高橋みなみ、板野友美(2013年卒業)、前田敦子(2012年卒業)、小嶋陽菜、峯岸みなみ、梅田彩佳[32]、宮澤佐江 [33][34]、秋元才加(2013年卒業)らと仲が良く、中でも秋元・宮澤とはお互いを「心友」と呼び合っている。元・SDN48の野呂佳代とは旧チームK以来の親友である[35]。元・SDN48メンバーでは芹那とも仲が良い。 「高橋みなみに似ている」と言われることがしばしばある。特に「ポニーテールとシュシュ」がリリースされた時期はメンバー全員がポニーテールで統一していたことが多かったため、高橋のマネージャーまでが当人と間違える、ということがあった[36]。 加入当初から、チームKのセンター・エースだったが、当時のAKB48には中心メンバーとして中西里菜、大島麻衣が在籍しており、常に4番手か5番手のポジションだった



|




|




|




|




|




|

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...