Loading...

H19-21 建築基準法 宅建みやざき塾 重要過去問題解説

8,971 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 9, 2014

建築基準法は、『どうやって、どこまで、学習するか?』で、本試験での得点はもちろんのこと、学習の負担面でもかなり差が付くテーマです。
今年の宅建試験合格に、ぜひお役立てください♪
一緒に頑張って、絶対に合格しましょう(*^^)v

H19-21
建築基準法に関する次の記述のうち、 正しいものはどれか。
1 建築主は、 共同住宅の用途に供する建築物で、 その用途に供する部分の床面積の合計が180㎡であるものの大規模の修繕をしようとする場合、 当該工事に着手する前に、 当該計画について建築主事の確認を受けなければならない。
2 居室を有する建築物の建築に際し、 飛散又は発散のおそれがある石綿を添加した建築材料を使用するときは、 その居室内における衛生上の支障がないようにするため、 当該建築物の換気設備を政令で定める技術的基準に適合するものとしなければならない。
3 防火地域又は準防火地域において、 延べ面積が1,000㎡を超える建築物は、 すべて耐火建築物としなければならない。
4 防火地域又は準防火地域において、 延べ面積が1,000㎡を超える耐火建築物は、 防火上有効な構造の防火壁で有効に区画し、 かつ、 各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000㎡以内としなければならない。


☆DVD宅建みやざき塾は、SHOP CUBEにてお求めいただくことができます(^_^)/
http://shop.select-cube.co.jp/index.html
※お問い合わせは、SHOP CUBEへお願い申し上げます。


みやざきの宅建ブログ 『宅建合格らくらくナビ』
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...