Loading...

島崎氏の更迭要求署名活動

990 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 20, 2014

地震爆発論学会は原子力規制委員会委員長代理島崎邦彦氏の更迭を、内閣総理大臣に求めます。
 理由は島崎氏が、活断層理論という信憑性の薄い理論を信奉し、独善的な解釈を押し付けて、国家の重大政策を誤らせているからです。
 活断層理論、およびその基礎にあるプレートテクトニクス理論は一つの仮説に過ぎません。昭和36年以前には「マグマ貫入爆発論」という優れた地震発生理論が日本にはありました。この理論が否定されたのは爆発現象とすれば、初動の押し引き分布が観測データのようにはならないという単なる思い違いによる推定からです。
 熱解離によって発生した酸素と水素が爆鳴気爆縮を起こし、さらに平行破綻型の爆発が複合的に起こっていると考えれば、「マグマ貫入爆発論」は地震現象をうまく説明できる優れた理論なのです。
島崎委員長代理が固執し、押し付けている「活断層理論」は全く妄想の理論と言うべきものであります。原因と結果とを取り違えています。
 こうした間違った理論で国家の重要な方針が左右されることは大変危険であると判断し、ここに島崎邦彦氏の更迭を要求する署名活動を開始します。ご協力をお願いいたします。地震爆発論学会会長石田昭

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...