Loading...

わからなくて、できなくても稼いでるライター

3 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jun 8, 2017

動画のなかで紹介されているスクールはこちら→https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopy...

X-Jr.コピーライター養成スクールで身につくもの

このスクールは6ヶ月かけて、コピーライターとしてスタートラインに立つための土台をつくりあげるものです。

たくさんある中のテクニックを自在に操るための基盤となる精神的な部分を身につけるといったらいいでしょうか?

精神的な部分と書いてしまうと、体力や根性が強くないとコピーライターになれないんじゃないかと思うかもしれませんが、そうではありません。

元から強い人なんていないんです。

そして、強くなるためにはつらく厳しく長い修業を積まなければというイメージがあるんですが、実際は違うんですね。

仙人さん(MR.X)の講義を聞いて、私が感じ取ったものというのは、どちらかというと正しい方法でひたすらコツコツ継続していくということでした。

書いてたら自然と学んでたテクニックが出せちゃったという感じでしょうか?

いちいち考えてから書くんじゃないんですよね。それだと頭使って書いてるのでゴツゴツしてしまい、自然な文章の流れができません。

そうではなくて全身で感じるような状態で、手が勝手に動きだして筆がスラスラすすんでいくようになれると思っています。




この私が感じ取ったイメージになるまでにはまだまだ長い道のりが必要です。

ただ、初心者だとコツコツ取り組むための正しい方法がわからないかぎり、がむしゃらにコツコツやっても成功しません。

世の中の理不尽な側面でもあります。結果の大部分(80%)を生む原因というのはたった20%しかないといわれる名言があります。

このように正しいことを知らなければ取り組んでみたところで成果がだせないのです。

そのために、正しい方法を学びたいのであればコチラ→X-Jr.コピーライター養成スクール



その最初の講義「子孫に残すセールスレター」で出た宿題は合計で3つありました。

コミットメントを書く
マインドセットを書く
どうすれば価値を与えられるか考えてみる


■コミットメントを書く

これはX-Jr.コピーライター養成スクールに参加して6ヶ月後のゴールにむけてやりきるための決意表明です。

いろんな事情や理由があって参加を検討するのはいいけど、やるからには100%力を出し切って取り組む覚悟を宣言します。

この宿題は提出するので、仙人さんもちゃんと目を通しているそうです。

そして、仙人さんとしては隠れた原石をみつけだし弟子にできる人材を探していることもあるので、もしかしたら6ヶ月後にはお誘いがくるかもしれません。

仙人さんは”黄金の国ジパングの復活”を考えてビジネスをされていますから、いま日本には優秀なコピーライターが圧倒的に不足していることを嘆いてるのです。

優秀なコピーライタを日本に数多く生み出す理念を実現するための学校が、このX-Jr.コピーライター養成スクールですから、仙人さんの期待に応えるためにも、私達の姿勢が問われています。

そこで、私が書いたものをご覧になってください。

私はビジネスをやっているのにコミュニケーションから逃げていた。

脱サラしてから10年もだ。その間いろんなビジネスをやってきたのだが、どれも泣かず飛ばずでなんとか生き延びてきただけだった。

でもこれからは違う。絶対に諦めない。

書き出すと頭がクラクラしてめまいがしてしまうライティング作業をこの6ヶ月間で克服して、お客さんの方をクラクラさせるぐらいになってやる。

そして、コピーで食えるんだと自慢できるようになってみせる。



そのために今回のキャンペーンはうってつけだ。

とにかくまず2ヶ月間書き続ける。

そすればC級の仲間入りはもちろんのこと、一気にA級への道が開かれる。


しかも、タダでトップレベルのコピーライターに挑戦できるギフトが用意されているのだ。


自分の将来への大きな希望をもっとも避けてきた、このコピーライティングという武器をもぎとって自分のものにしてやるぜ。




ビジネスという環境は戦場です。何を考えようが何をやろうが最終的には利益とう数字で評価される世界です。

いいことやっていても赤字であれば誰も見向きもしてくれない。しかし、良いことをやってないとしてもお金が続いてれば倒産することもありません。

つまり、スポーツと同じ勝負の世界なのです。

試合に勝つか負けるかが、ビジネスでは稼いだか稼げなかったのかが生命線になります。

勝負の世界ですから、勝利を手に入れなければなりません。

スポーツの試合で勝つには誰もが全力をだしてますよね。ビジネスで勝利を手に入れるときも同じです。

自分が100%で取り組んでなければ、ベストにはなれません。

そして、ビジネスは継続を前提としてる点が、スポーツとは違います。

スポーツは試合時間が最初から決まっています。自分の都合で試合時間を伸ばしたり縮めることはできません。なので、試合時間のあいだだけ全力です。

しかし、ビジネスは儲かる限りは継続を前提としています。つまり、事業がつづくかりぎ、ベストをつくすことも継続していかなければ、ビジネスもベストにはならないし、勝利を手に入れ続けることもできません。


ビジネスは戦場で、戦争が永遠に終わらないのと同じく、ビジネスにも終わりはないので、ベストを尽くし続けるための己の戦いというわけです。

なので、コミットメントが必要になるんですよね。


この続きはこちらのブログにて→http://copywritingchallenge.hatenablo...

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...