Loading...

映画『見栄を張る』(Eriko, Pretended) 予告編  Trailer

9,778 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 21, 2016

第12回CO2助成企画 『見栄を張る』
監督 藤村明世

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭長編コンペティション部門
SKIPシティアワード受賞

○次回上映情報○

第31回高崎映画祭にて、上映決定!

『見栄を張る』
4月6日(木)11時〜@シネマテークたかさき
4月7日(金)19時〜@高崎シティギャラリー

※両日とも上映後、監督、キャストの舞台挨拶を予定しております。



----------------------------------------­----------------------------------------­---------------------------

ストーリー
吉岡絵梨子は疎遠だった姉の訃報を聞き、地元へと戻って来る。両親も他界し女手一つで息子・和馬を育てていた姉は、葬儀で参列者の涙を誘う“泣き屋”の仕事をしていた。身寄りのない和馬を引き取り、“泣き屋”の仕事で生計を立てようとする絵梨子だが、「死ぬときまで見栄を張る」この仕事の大義が理解できずにいた。

キャスト
久保陽香
岡田篤哉
似鳥美貴
辰寿広美
齋藤雅弘
真弓 
時光陸
月亭太遊
澤田由衣
南羽真里
辻凪子
吐山ゆん
小栁圭子(特別出演)ほか

スタッフ
監督・脚本 藤村明世
プロデューサー 今井太郎
撮影 長田勇市
録音 杉本崇志
美術 塩川節子
編集 磯部鉄平
小道具 加賀谷静
衣装・メイク 霜野由佳
助監督 永井和男、磯部鉄平
制作 山口理沙、水取拓也
協力 海南市、紀美野町、有田川町の方々

FB https://www.facebook.com/co2miewoharu/
Twitter https://twitter.com/miewoharu2016

----------------------------------------­----------------------------------------­---------------------------

監督 藤村明世 プロフィール

1990年東京都出身。明治学院大学文学部芸術学科にて映画学を専攻。大学時代に通っていた、映画学校NCWで撮った『彼は月へ行った』が、第36回ぴあフィルムフェスティバルや仙台短篇映画祭2014、第6回下北沢映画祭などで入選し、評価される。大学卒業後、東宝系の商業映画の制作部や助監督を経て、再び映画製作の道を志す。今作は4本目の監督作品であり、初の長編映画となる。

CO2について

本作品は、シネアスト・オーガニゼーション大阪(略称:CO2)助成企画として制作されます。
CO2 は2004 年度より、大阪映像文化振興事業として映像制作者の人材発掘を行い、大阪を映像文化の創造・発信拠点とする事を目指してスタートしました。全国から飛躍すべき映画制作者たちの劇映画企画を募集し、その制作に対して助成金や制作協力という形でバックアップを行っています。作品は完成後、翌年3月に開催される「第11回大阪アジアン映画祭」にエントリー致します。
本年度で12回目を迎えるCO2 の出身監督は商業作品の場でも活躍し、若手を発見・育成するプロジェクトとして映画映像業界から大きな注目を集めています。

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...