Loading...

トロッタの会『蝶の記憶』

642 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Nov 23, 2011

2011年11月13日(日)、早稲田奉仕園スコットホールでの第14回「トロッタの会」より。堀井友徳作曲・木部与巴仁作詩による『蝶の記憶』。フルート・八木ちはる、オーボエ・三浦舞、クラリネット・藤本彩花、チェロ・香月圭佑、詩唱・木部与巴仁
【作曲者の言葉】本作は前回「トロッタ13」終了後、翌月から着手、本年2011年夏に脱稿、今夜が初演である。作者としては初の、朗読と器楽のための作品であり、楽器の編成も曲の作風も、これまでメインで書いてきた「調性&メロディ路線」とは180度異なる世界で、コンテンポラリーを意識した抽象的なものをねらっている。ゆえに本作は作者にとって、かなりの意を決した冒険作となった。本作のテキストになる木部氏の詩「蝶の記憶」は、実は昨年「トロッタ12」で初演された女声合唱曲「北方譚詩」の候補として書かれたものであったが今回、新たな形態でそれが生きることを期待する。〈堀井友徳〉

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...