Loading...

Mamiya RZ67

9,047 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Dec 26, 2011

Mamiya RZ67

Wikipedia

マミヤRB67シリーズを電子化[5]した機種で基本的な仕様はマミヤRB67シリーズと同様だが、電子回路により絞りとシャッター速度・測光データが自動連繋し別売のAEプリズムファインダー使用時には測光もスポット測光と平均測光と選択でき完全連動する。フィルムホルダーの互換性はない。レンズマウントは機械的互換性があるがRZレンズはRBボディーに使用できず、RBレンズをRZボディーに使用する際は通常の無限遠位置より7mm繰り出した位置が無限遠となる。
RZ67シリーズボディー [編集] マミヤRZ67プロフェッショナル(1982年発売) マミヤRZ67プロフェッショナルII(1993年2月発売) - 1/250秒から4秒の間で中間シャッター速度の設定可能となった。微動繰り出し機構の設置、縦位置撮影用フィルムカウンターを新設。さらにレンズシャッターの異常時・電池容量低下時の警告音追加、フィルムホルダーの機構への連動回転シャフト部分の連繋部を4点確保に改良しその他フィルム給送時の一層の安定化を図った。マミヤRB67用交換レンズも使用可能[6]。 マミヤRZ67プロフェッショナルIID (2004年7月発売)- デジタルバック通信規格[MSCE(Mamiya Serial Communication for External)]を採用し2006年発売のマミヤZD Backを使用可能。
RZ67シリーズ用レンズ [編集]
セコールZシリーズ [編集] セコールZ50mmF4.5 - 9群11枚。最短撮影距離0.28m。アタッチメントφ77mmねじ込み。 セコールZ50mmF4.5ULD/L-A - 超低分散レンズを含む9群11枚。最短撮影距離0.3m。アタッチメントφ77ねじ込み。セコールZ50mmF4.5の後継で近距離補正機構を持ち、周辺光量の低下や歪曲収差が少なくなる等、画質が向上した。 セコールZ65mmF4 - 7群7枚。最短撮影距離0.32m。アタッチメントφ77mmねじ込み。 セコールZ65mmF4L-A - 7群9枚。最短撮影距離0.379m。アタッチメントφ77ねじ込み。セコールZ65mmF4の後継で近距離補正機構を持ち画質が向上している。 セコールZ90mmF3.5W - 7群8枚。最短撮影距離0.448m。アタッチメントφ77mmねじ込み。 セコールZ110mmF2.8 - 5群6枚。最短撮影距離0.53m。アタッチメントφ77mmねじ込み。 セコールZ127mmF3.8 - 3群5枚。最短撮影距離0.66m。アタッチメントφ77mmねじ込み。 セコールマクロZ140mmF4.5 - 4群7枚。最短撮影距離0.75m。アタッチメントφ77mmねじ込み。 セコールZ180mmF4.5 - 3群5枚。最短撮影距離1.11m。アタッチメントφ77mmねじ込み。 アポセコールZ210mmF4.5 - 5群7枚。最短撮影距離1.432m。アタッチメントφ77mmねじ込み。 アポセコールZ250mmF4.5 - 5群7枚。最短撮影距離1.86m。アタッチメントφ77mmねじ込み。 アポセコールZ350mmF5.6 - 6群7枚。最短撮影距離3.423m。アタッチメントφ77mmねじ込み。 セコールZ360mmF6 - 5群6枚。最短撮影距離3.69m。アタッチメントφ77mmねじ込み。 アポセコールZ500mmF6 - 7群7枚。最短撮影距離6.493m。アタッチメントφ105mmねじ込み。 セコールZ500mmF8 - 6群6枚。最短撮影距離6.598m。アタッチメントφ105mmねじ込み。

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...