Loading...

テニスで使えるテーピング「テニス肘・肘の外側が痛む」  【キネシオロジーテープ貼り方講座】

32,059 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Sep 29, 2014

映像内で使用しているテープについて
https://www.towatech.net/products/sho...
商品名:カラーキネシオロジーテープ KINESYS
価格:¥1,800 +税 (同色 6巻入り)
幅:5cm 長さ:5m

■商品の特徴
・様々なスポーツシーンに対応できる16色展開
・スポーツシーンに合わせて粘着力強化
・光沢感のある化学繊維を採用

■指導・出演
笠井 康平
鍼師・灸師・あん摩マッサージ指圧師。NSCAストレングス&コンディショニングスペシャリスト。
AIGジャパンオープンテニス、全日本テニス選手権、諸大会に帯同。
スポーツ現場やアーティストなどのトレーナー歴多数。高校内にも各部が利用できるトレーナーズルームを併設。
トレーナーズルーム治療院 院長。


今回は、「テニス肘・肘の外側が痛む」方に対するテーピングをご紹介します。

痛みの原因:バックハンドストローク
サポートする部位:前腕の手の甲側の筋肉
使用テープ本数:5cm幅のテープ2本


テープを貼った後は、テープの表面をよくこすって粘着面を肌になじませてください。

テープを貼る前にローションやクリームを塗っている場合、汗をかいて肌が濡れている場合は、よくふき取ってから貼ってください。

また、競技後は筋肉にくせがつくのを防ぐため、すぐにテープをはがしてください。肌かぶれ防止になります。

  • Category

  • License

    • Standard YouTube License

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...