読み込んでいます...

毛皮の実態②「養殖編」

視聴回数 97,855 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

文字起こし

インタラクティブな文字起こしテキストを読み込めませんでした。

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2008/11/19 にアップロード

この映像は
世界的に毛皮反対運動が高まる中
多くの人々に毛皮の実態を知らせるため
海外の毛皮反対団体が制作したものです

日本語吹き替え版は、1990年に制作

当時、日本は世界最大の毛皮消費国で
大量の毛皮を海外から輸入していました


毛皮のために
多くの野生動物が絶滅に追いやられ
価格が高くなっていき
代わりの供給源として、養殖が拡大し
安価な毛皮の大量消費がはじまった


日本では、毛皮の大部分は輸入

1年間に輸入される推定数
・ミンク     71万匹分相当
・キツネ 8万匹分相当
・羊・ヤギ・ウサギ  1000万匹分相当 ※貿易統計(2005年度)より

この動画にはコメントできません。
自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...