Loading...

たっきーのフォレスとガンプ  ゲスト  赤星薫【介護】【介護の仕事】医療介護福祉に特化したロングインタビューです。在り方生き方必見です☆

75 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Oct 30, 2018

皆さんおはようございます。
いつもいいねやコメントをいただき
誠にありがとうございます。

『たっきーのフォレスとガンプ』
の記念すべき第59回目のゲスト

□ハッピースマイル
代表 ハッピースマイル 赤星薫

□番組キーワード
・放送は11月26日(月)の10時30分! いい風呂の日!
・紹介者 DASUケアLAB 大関 美里さん
・ハーバリウムは高級感のある花を詰め放題にしたい。他にはない花の材料を選べるようにしています
・男性も顔を輝かせて参加されています
・お客様の特徴としてリピートの施設や個人様が多いです
・就職氷河期で手に職あったほうが強いと親のすすめもあり、農業出身です!
・高校生活が楽しくて嫌いなトマトが食べれるようになりました
・自分で育てることにより愛着が湧いて食べれるようになる
・学校の先生になりたくて農学部に入り教員免許を取得
・障がい者の方の在宅介助をするボランティアをしていた
・身体は不自由だけどお花を生けたり、庭のことをしたいとある障がい者の言葉がずっと引っかかる
・介護の現場でそれをやってみようと介護福祉士を取得する
・有料老人ホームで夜勤や看取りなどを経験をしながら、おじいちゃんと野菜を収穫したりお花を地元の花屋さんから持ってきてもらい教室を開いていました
・7年半現場で働きハッピースマイルのお仕事をして2年が経ちます
・園芸は土を施設に持って行き、テーブルに苗を植えたり畑をご利用者と一緒に施設スタッフも協力しながらなって作ります
・認知症や病気の状態を理由に極力安全面からハサミなど奪うことをしない。今あるものをもっと生かす、ご利用者の残存機能を引き出すリハビリ目的
・できることをご利用者から奪った結果できなくなって、なんでできないの?というのは違う
・スタッフさんが見えていなかった部分をお花をいれたことによって引き出せたり毎回素敵な現場に立ち会わせてもらっています
・回を重ねるごとにご利用者様のできることが増えていく喜び、認知症のご本人も完成した時に笑顔で喜んでおられスタッフも感動で泣かれる
・園芸療法はリハビリのためにお花や野菜を使って脳に刺激を与えたり手作業をして五感に訴えかけます
・祖母がリウマチで動けなくなっていくのを見てどうにかしてリハビリしてあげたい
・困った人のところに自分から向かうスタイル
・やりたいことは否定せずにいろんな選択を提案しながら、心の奥底にあるまだ表に出ていない感情を引き出す
・生け花の見本はありません、最後笑顔で自分のお部屋に持ち帰ってもらうため、ご本人したいことが満足するまでお手伝いします
・みなさん自分の完成した作品を感情を解放し自画自賛されています
・ここはダメだとかの否定はその人の主観であって、作っている人は一生懸命で褒めるとありがとうと喜ばれます
・お花を通して笑顔になる、ご利用者やスタッフの雰囲気や空間を見ていたり、提供することがとても楽しいし嬉しいし癒されます
・後世に残すために事業として収益を上げることを考える
・仕事でいただいたお金を世の中に回していく
・訪問エリアは宝塚を中心に片道50キロです
・現場が好きだけど腰痛や体調面で介護を離れる方に対して、私のお仕事が選択肢の一つに入ってくればその人の今後の人生がいきるので、仲間を増やして全国に向けてセミナーを開

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...