Loading...

トロッタの会『協奏風狂詩曲 第一楽章』

3,147 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Dec 1, 2011

2011年5月13日(日)、早稲田奉仕園スコットホールでの第13回「トロッタの会」より。ヴァイオリン独奏、打楽器とピアノのための『協奏風狂詩曲』 伊福部昭 作曲、今井重幸 編曲、ヴァイオリン戸塚ふみ代、打楽器目等貴士、ピアノ徳田絵里子【曲解説】ヴァイオリンは伊福部に最も親しい楽器である。敗戦後は東京転入が制限されていたので、札幌から東京に向かった伊福部は、日光に仮住まいする。東京音楽学校(現・東京芸大音楽学部)作曲科講師となるが、当時に作曲を始めたのが、後の『ヴァイオリンと管絃楽のための協奏風狂詩曲』だった。『協奏曲』として初演後、二度の改訂を経ており、『狂詩曲』としてジェノア国際作曲コンクールに入賞、その後、『協奏風狂詩曲』となる。今回は、伊福部の弟子である今井重幸が編曲し、ヴァイオリンと打楽器、ピアノの編成で演奏する。〈K〉

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...