Loading...

福島原発3号機は核爆発:藤原節男 ショスタコーヴィッチ交響曲第5番第3楽章

5,524 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Sep 4, 2014

<藤原節男経歴>
1968年(昭和43年)3月
私立灘高等学校卒業
1968年(昭和43年)4月~1972年(昭和47年)3月 (4年)
大阪大学工学部原子力工学科卒業。原子動力専攻(吹田徳雄教授、藤家洋一助教授、宮崎慶次助手)で学んだ。卒業論文は「液体ナトリウム沸騰ループ試験装置による液体ナトリウム沸騰現象実験」
1972年(昭和47年)4月~1978年(昭和53年)3月 (6年)
三菱原子力工業㈱ プラント設計課系統設計係にて玄海1/2号、大飯1/2号、伊方2号(工認段階プラント)の原子炉冷却系統、主蒸気主給水系統、原子炉補機冷却水系統、制御用空気系統設計担当。この間、1974年(昭和49年)10月~1976年(昭和51年)3月に三菱重工業㈱ 神戸造船所軽水炉計画課に出向、その当時問題となっていた蒸気発生器細管腐食対策に参加。海外蒸気発生器トラブルデータ収集等、トラブル発生防止システムを担当
1978年(昭和53年)4月~1980年(昭和55年)2月 (1年11ヶ月)
三菱原子力㈱ 軽水炉プロジェクト部にて川内1号建設段階プロジェクト、川内2号安全審査段階プロジェクト担当
1980年(昭和55年)3月~1982年(昭和57年)12月 (2年10ヶ月)
三菱重工業㈱本社 原子力品質保証統括室にて三菱原子力グループ(MHI神戸造船所、三菱原子力工業、三菱電機、MHI高砂製作所、三菱原子燃料)の全体統括QAマニュアル立案担当および、三菱原子力グループ内QAシステム監査員。この間、米国原子力品質保証システム調査(米国出張3週間)
1983年(昭和58年)1月~1991年(平成3年)3月 (8年3ヶ月)
三菱原子力工業㈱ 軽水炉プラントプロジェクト部にて敦賀2号建設プロジェクト担当(工認段階から試運転、営業運転開始まで)、通産省「軽水炉改良標準化(工認標準化)」担当
1991年(平成3年)4月~1996年(平成8年)3月 (5年)
三菱原子力工業㈱系統設計部、三菱重工業株式会社本社原子力システム設計部にて敦賀3,4号化学体積制御系統、廃棄物処理系統、濃縮ボロン(10B)電共研、電解研磨社内試験研究、既設プラント小口工事系統設計担当、設計効率化委員
1996年(平成8年)4月~2000年(平成12年)6月 (4年3ヶ月)
三菱重工業㈱本社軽水炉プラント技術部にて将来型軽水炉システム技術調査(NUPECプロジェクト)、発電設備技術検査協会プロジェクト技術窓口、将来型炉(SPWR)開発(電共研)担当、設計効率化委員
(注)この間、通産省の委員会組織である「原子力発電情報高度化実施委員会」のプラント特性評価分科会、事故・故障分析評価分科会、信頼性評価分科会の委員を歴任。また、SPWR開発(電共研) プロジェクト担当として、渡米し、米国ウェスティングハウス社との仲介役を実施。
2000年(平成12年)7月~2005年(平成17年)3月 (4年9ヶ月)
日本原子力研究所東海研究所エネルギーシステム研究部将来型炉研究グループにて、低減速軽水炉(低減速スペクトル炉)技術実証炉研究開発プロジェクト担当
2005年(平成17年)4月~2009年(平成21年)11月 現在(4年8ヶ月)
JNES検査業務部在籍、PWR、BWRの定期検査、定期安全管理審査、溶接安全管理審査等に検査員として従事。

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...