Loading...

「エヴェレスト 神々の山嶺」予告編

201,242 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Dec 4, 2015

生きて、必ず帰る―
標高8,848M、氷点下50℃、極限の世界に挑む!

連載開始から20年以上!その間、国内外で映画化オファーが殺到しながらもスケールの壮大さから成立に至らず、“映像化不可能な小説NO1”と言われ続けてきた夢枕獏の世界的大ベストセラー「神々の山嶺」が遂に奇跡の映画化!
世界最高峰の地ネパール・エヴェレストに実際に登り、邦画初となる標高5,200M級での撮影に命懸けで挑んだ。「この作品のために、これまでの人生があった」キャスト自身が語るほど、エヴェレストの神秘さに触れながらのリアルな演技は、まさに必見!そして、この魂と想いが詰まった本作を希望で包み込む主題歌は、全世界でアルバム・トータル・セールスが3,000万枚以上を誇るヴォーカル・ユニット、イル・ディーヴォの「喜びのシンフォニー」。
映画そのものが、前人未踏の領域へと達する、心揺さぶる感動のスペクタクル超大作!

<ストーリー>
山岳カメラマンの深町は、カトマンドゥでエヴェレスト史上最大の謎を解く可能性を秘めた、ある古いカメラを発見する。失われたフィルムを追ううちに辿り着いた、孤高の天才クライマー、羽生(はぶ)。「山をやらないなら死んだも同じだ」と語り、他人を寄せ付けない人生を送ってきた彼が取り憑かれた、史上初の挑戦とは何なのか? 羽生の目的に興味を持ちその過去を調べるうち、深町は彼の凄絶な生き様にのみ込まれていく。そして、羽生に人生を翻弄されながらも愛し続ける女性・涼子と出会う……。
標高8848M、氷点下50℃、呼吸すら困難な極限の世界。その中で、垂直の壁が待ち受ける、これまで誰も成し得なかった過酷な登攀(とうはん)に独り挑む羽生。その挑戦を見届けるため、彼の後を追う深町。男たちは自然の脅威の前に命をさらしながらも、人類の限界を超えて、ただひたすら “世界最高峰”の頂きを目指す。彼らは生きて帰る事が出来るのか? その先には果たして、何があるのか――。


岡田准一    阿部寛   尾野真千子
ピエール瀧 甲本雅裕 風間俊介 テインレィ・ロンドゥップ 佐々木蔵之介

原作:夢枕獏「神々の山嶺」(角川文庫・集英社文庫) 監督:平山秀幸脚本:加藤正人 音楽:加古隆(※「隆」の文字は旧字体:「生」の上に「一」が入ります。)主題歌:イル・ディーヴォ「喜びのシンフォニー」(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)
製作:「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会 配給:東宝 アスミック・エース 
(C)2016「エヴェレスト 神々の山嶺」製作委員会

公式サイト everest-movie.jp
公式ツイッター @everest_movie
公式フェイスブック https://www.facebook.com/everestmovie...

Comments are disabled for this video.
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...