Loading...

次世代MAC PROを早く手に入れるためにやってること

18 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 30, 2017

動画で紹介したX-Jr.コピーライター養成スクールの詳細はコチラ→https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopy...

今回はほしいものレビューとして

先日異例の未発表の商品を発表をした

MAC PROを紹介します。」


今すぐ再生ボタンをクリックしてください。




(YouTubeで見る→次世代MAC PROを早く手に入れるためにやったこと)


5分30秒からMACにもAIにも置き換えられない稼ぎネタが・・・




やはりパソコン買うなら最後はMAC PROです。


別にグラフィックに凝ったりしません。

またグラフィックをビジネスにするつもりもありません。


今のMAC PROは専門家の間ではゴミ箱といわれてるそうですね。




f:id:tsukasaomiya:20170531084250j:plain

たしかに見た目はゴミ箱にみえます。


■今は中身もゴミ箱


ゴミ箱のMAC PROが発売されたのは2013年秋でした。

発売当初は円筒形のデザインなどが斬新で話題をあつめました。

しかし、そのデザインがあだとなり、高性能PCのトレンドに追求できなくなったそうです。


そのため専門家の間でも、プロ用のエントリーマシーン的レッテルが貼られていました。

しかし、先日このMAC PROの開発に着手したというアップルでは異例の未発表商品の報道がされました。

その報道内容によると、「ゴミ箱」と呼ばれた円筒形の外観デザインを刷新し、アップデートの容易なモジュール構造を採用することが示されました。

そして最も関心のある発売時期については「今年中の発売はない」と語られるのみで、「来年」なのかどうかも明言されることはありませんでした。


そのコンセプトデザインは、ドイツのテクノロジー系メディアCurvedが公開しているので御覧ください。

動画でも一部公開しています。




■パーツ交換が簡単なデザインの次世代MAC PRO

モジュラーデザインを採用するとのこと。

外観は先代のMAC PROをほうふつとさせるデザインで、本体側面を回転ドアのように動かし、パーツ交換が簡単にできる使用になっています。

回転ドアというよりケース側面が左右にスライドして開くと言う感じだろうか?

またMAC BOOK PROでは廃止されたSDカードスロットの他、Touch ID、本体状態を表示するTouch Barが装備されています。

■とにかくずっと使えるのがいい

それで、グラフィック関係をプロ並につかわないのになぜほしいのか?

それはもちろんカッコイイからです。

まだ未発表なのにどうしてカッコイイとわかるのか。

これはアップルのブランドから来るものです。

ブランドとはこれまで培われてきた実績から感じられる雰囲気だと考えています。

アップルの歴史をみると、常に時代の最先端をいく商品を発表してきました。

というより、そのようなイメージが出来てしまっています。

実際に、現行MAC PROはプロユーザ向けのマシンとして、最初は驚きとともに迎え入れられましたが、最終的には満足させることはできなかったようです。


それでも、またすごいものを開発してくれるんだろうという期待がこもっている評価がこの会社には常に残ります。

それで、私についてなのですが、とにかくサクサク使える状態が長い期間つづけばいいと考えています。

パソコン選びに関しては。

続きはブログで→http://copywritingchallenge.hatenablo...

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...