Loading...

海の幸女声独唱と詩唱、室内管弦楽の為の組曲~青木繁に捧ぐ~ 第一番【2008/2013】

455 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 24, 2013

1・歌声 2・狂女 3・日輪
【『神々の履歴書・渡来の舞』とあわせ、「トムトム・他」の奏者が、大場章裕より稲垣佑馬に交替いたしました】
『曲解説』
この作品は2008年の8月22日に長崎で初演した室内楽劇『海の幸〜青木繁に捧ぐ〜』から三章選び出しまして組曲にしたものです。題材となっている画家の青木繁は福岡の久留米の出身で日本洋画の黎明期にあって独自の作風をもった画家でありました。青木繁は古代神話を題材に作品を作る事が多く、2008年の室内楽劇作曲当時、私としてはこの事にとても共感して作曲した事を覚えています。原曲は50分程の作品ですが、今回の第一組曲はその中から1・歌声2・狂女3・日輪を取り上げ組曲として纏めました。〈酒井〉
メゾソプラノ/青木希衣子 詩唱/木部与巴仁 フルート/八木ちはる オーボエ/三浦舞 クラリネット/藤本彩花 ファゴット/宮下翔子 ヴァイオリン/戸塚ふみ代・田口薫 ヴィオラ/神山和歌子 チェロ/小島遼子 コントラバス/丹野敏広 トムトム・他/稲垣佑馬 ピアノ/森川あづさ

  • Category

  • License

    • Standard YouTube License

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...