Loading...

『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』予告編

11,645 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Dec 2, 2016

第66回ベルリン国際映画祭金熊賞(グランプリ)受賞
第89回アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表

ジャンフランコ・ロージ監督最新作『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』 2017年2月11日(土・祝)Bunkamuraル・シネマほかに全国順次公開。

想像力に富み、現代を生きる私たちに必要な映画。今すぐ見なくては!
―メリル・ストリープ(女優・ベルリン国際映画祭審査員長)

ランペドゥーサ島――アフリカ大陸にもっとも近いイタリア最南端の小さな島。12歳の少年サムエレが生まれたこの島には、彼が知らないもうひとつの顔がある。それは、アフリカや中東から命がけで地中海を私、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口としての顔―。

前作『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』でヴェネチア国際映画祭金獅子賞(グランプリ)を受賞したジャンフランコ・ロージ監督が島へと移り住み、1年間半かけて、温かくも冷静な眼差しで、島の”真の姿”を描き出したドキュメンタリー。島の自然の中で無邪気に遊ぶ少年サムエレの笑顔、過酷な海の度を経て島へとやってきた難民の涙。小さな島の中には死があり、そして、生がある。美しく詩情あふれる映像と共に描かれるそれぞれのストーリーがドラマチックに心を揺さぶる、静かな衝撃作。

http://www.bitters.co.jp/umi/

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...