読み込んでいます...

【衝撃映像と説明】 チャレンジャー号爆発事故 Space Shuttle Challenger disaster

視聴回数 145,789 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2014/10/15 に公開

1986年1月28日、スペースシャトル・チャレンジャー号の爆発事故が発生し、7名の飛行士が犠牲になった。
事故の原因は、固体ロケット・ブースタ(SRB)の構造的な欠陥によるものであった。
発射直後、右側の固体ロケット・ブースタ(SRB)から黒煙発生(約2秒間続く)。
発射約58秒後、右側の固体ロケット・ブースタ(SRB)尾部からガスが漏出、炎発生。
発射後約73秒 外部燃料タンクが破壊し、ガス炎・蒸気で覆われる。
乗員室から”Uh oh...”と最後の通話。 メインエンジンは燃料供給異常により自動停止。 シャトルの機首と乗員室がガス炎に飲み込まれる。
発射後約74秒 チャレンジャー号は高度14.6kmで空中分解。
同時に液体酸素や液体水素推進剤が放出、それによる水蒸気とガスが爆発膨張。
軌道船(オービター)の貨物室の各装置、乗員室、メインエンジン等が飛散。
2機のSRBは、そのまま無制御の動力飛行を続行。
2機のSRBは、発射後110秒で遠隔操作により爆破。
機体が分解した後、乗員室は弾道経路をたどり、約2分45秒で海に落下。 
海底から回収後の調査結果では、空中分解時の乗員が受ける衝撃では恐らく死亡には至らず。
分解から数秒以内の減圧により意識を失った可能性がある。
一部の専門家は、海面に激突するまで乗員達の生存を信じているという。
 
動画説明文については、ウィキペディア「チャレンジャー号爆発事故」を参考にした。

Videos and Images: All rights released in the Public domain from Wikimedia Commons.
BGM: クラシック名曲サウンドライブラリー (Classical music sound library)




http://classical-sound.seesaa.net/

  • カテゴリ

  • ライセンス

    • 標準の YouTube ライセンス

読み込んでいます...

自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...