読み込んでいます...

巨利をむさぼる 精神医療業界 第3章:病気の売り込み

視聴回数 6,168 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

文字起こし

インタラクティブな文字起こしテキストを読み込めませんでした。

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2012/02/03 に公開

http://jp.cchr.org/videos/making-a-ki...

第3章:病気の売り込み

私たちの周りは精神疾患で溢れているように見えます。
これは何が原因なのでしょう?精神疾患の診断・統計マニュアルを使って、精神科医たちは普通に外を歩いている人を捕まえ、精神疾患のレッテルを貼ることができるのです。「人見知り」は日常生活ではよくあることですが、今では「社交不安障害」という名のレッテルに属しています。

向精神薬業界がどれほど巨大化しても、精神科医たちはそれをさらに大きくするために、新たな障害の発明にせっせと取り組んでいます。それはあらゆる病気に使われる薬です。 そして、一般の人々や患者には、精神科治療薬の本当の危険性が知らされていません。

事実:1994年以降、子ども(アメリカ合衆国内)の双極性障害は40倍増加しました。一方で抗精神病薬の処方件数は5倍に急増し、およそ250万件に上ります。

  • カテゴリ

  • ライセンス

    • 標準の YouTube ライセンス

読み込んでいます...

自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...