読み込んでいます...

2007参院選

視聴回数 7,045 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2007/06/26 に公開

2007参院選で野党が勝つためには、民主党は1人区で勝つだけで十分。2人区、3人区、5人区(東京選挙区)では、民主党票がゼロでも問題ない。というより、2人区、5人区では、民主党に票が集まりすぎると、他の野党が取れるかもしれない議席を与党に与えてしまいます。3人区でも民主党候補に票を集中させる必要は必ずしもない。比例区でも、民主党は1議席も取らなくたって野党は勝てます。

比例区と地方区で投票政党が同じである必要はない。圧倒的に多数の有権者が、比例区、2人区、3人区、5人区では、民主党ではなく、共産・社民・9条ネット(※)、護憲派無所属候補に入れたらどうなるか、あるいは入れると表明するとどうなるか。本来は、民主党が、野党共倒れの原因になっている小選挙区制の強化方針を撤回すると公約するのがいい。余程の恩義知らずでもない限り、取り引きできるはず。1人区で自民に負けていた民主党候補は、護憲派有権者の票で全員当選もねらえます。

民主党の勢力は、小選挙区制の下で、有権者が否応無く民主党に投票せざるを得ないと判断した結果、底上げされた部分を含んでいます。投票先を民主党から他の党へ変えることは、票を他党に戻す意味合いを持ちます。

護憲派有権者と民主党支持者が組めば与野党逆転できます。9条護憲派議員も改選数の3分の1を超す。本当に改憲したくなった時に改憲派議員を選べばいい。民主党の一部と協調した安倍内閣の下で改憲させては国民のためにならない。

野党支持者が好き嫌いを超えて、私心を捨てて選挙共同すれば、あっさりと自公を倒すことができます。有権者が考え方を、野党内での投票先を変えるだけでいい。

詳しくはこちらのブログ記事を参照。

平和への結集ブログ
http://kaze.fm/wordpress/
民主党へは1人区でだけ投票しても野党は勝てる
http://kaze.fm/wordpress/?p=134

※9条ネットは最近できた候補者公募型の確認団体で、憲法の平和条項である9条や、年金などの社会保障義務を国に課す根拠条項である25条を活かすことなどを共通公約に掲げています。政党と同様に投票可能。

読み込んでいます...

自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...