読み込んでいます...

人種の平等と世界平和,公正な世界を目指した日本

視聴回数 201,250 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

文字起こし

インタラクティブな文字起こしテキストを読み込めませんでした。

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2006/12/17 に公開

日本の人種差別撤廃提案不採用 この事は植民地解放、ブロック経済の解体、すなわち 人種の平等、公正な世界への移行が 戦争を伴なう悲惨な結末を要することを運命ずけた。 この時ベルサイユで達成せられ約束されたはずの平和は、僅か二十年余りで人類歴史上未曾有の悲劇的結末を迎える事になる。
 
千の正義 万の真も たった一つの力の正義ほどの価値もない と言う価値観が世界を支配している。 覇しては、滅ぼされ凡そ文明とは程遠い弱肉強食の歴史を刻み非道卑劣の世界を築き上げた大陸の文明がそれである。彼らのいう文明の衝突は、単なる利権争い利己主義の衝突に過ぎない。これらの文明と全く相容れない異なる文明がある 極東の隅で独自に発展した日本の文明がそれである。悪しき文明から遮断され 義と言う概念をとぎすまし磨き上げた武士たちによって培われてきた日本のような文明は、世界の何処にも無い。 真の文明の衝突は、この間にある。
 
日本精神日本人の高尚なる道標 武士道  不義不正を排し名誉のためには死を持ってあがなうことが義務づけられた..厳しい掟を守ったからこそ武士は「民の模範」となり得 たのである..。     「武士道」 "日本人"の普遍的な"人の倫" 心ある人々日本人の高尚なる道標 日本人の生き方を支え続けてきた 「武士道」 「仁・義・礼・智・信」の五つの徳を説いた、「正しい人の道」 武士道の精神とは、 身分にともなう義務である 自らを律し、正義をモットーとして、利欲に走らず 倫理法社会秩序を伝統的に育み続けて来た。  武士道は、いまなお力と美の対象として、私たち日本人の心の中に生きている。

  • カテゴリ

  • ライセンス

    • 標準の YouTube ライセンス

読み込んでいます...

自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...