読み込んでいます...

なぜ南京大虐殺は捏造されたのか?

視聴回数 170,427 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2008/09/05 に公開

We Japanese know that there are several 'self-confessed ex-Japanese soldiers' who testify that the Imperial Japanese Army committed atrocities against Chinese soldiers and civilians at 'so-called Nanking Massacre' (1937). However, it is a fact that there are many ex-Japanese soldiers who testify that Nanking Massacre never happened, while there are several 'self-confessed ex-Japanese soldiers' who testify that Nanking Massacre happened.

Testimony is only testimony. Not all of testimonies are evidences. Testimony is always required proof. Testimony is always required rationality and credibility. We can describe only 'testimonies which have been supported by rationality and credibility' as personal evidences (antonym: physical evidences). A man tends to believe whatever he wants. We should always hear their testimonies from an objective perspective.

It's interesting to note that 'so-called Nanking Massacre' is a victimless murder. There are 'self-confessed ex-Japanese soldiers' who testify that the Imperial Japanese Army committed atrocities against Chinese soldiers and civilians at 'so-called Nanking Massacre', however, the dead bodies that Japanese soldiers are suspected to have massacred have not found yet. Nanking Massacre should be called 'a victimless crime' or 'a victimless murder'.

言わゆる南京大虐殺は、連合軍、とりわけ、日本に原爆という非人道的な大量殺戮兵器を 非戦闘員である日本人50万人(広島・長崎)の頭上に投下したアメリカが、この国際法 上まったく違法な非人道的行為を正当化するために、日本軍に濡れ衣を着せた捏造された 事件である。アメリカは、さらに日本国内の66都市に無差別爆撃を行い、日本人という 民族に対するジェノサイド(民族抹殺)まで意図していた。その背景には、アングロサク ソンの根強い有色人種への蔑視が存在する。

アメリカは、そうした許されざる非道を正当化するために、南京大虐殺をでっち上げ、そ して日本軍に濡れ衣を着せた。まるで、アメリカは「俺たちが日本人の女・子供を殺した のは、お前ら日本人が南京で20万人の女・子供を殺したからだ。その罰として、原爆を 与えたのだ」と言わんばかりだ。

中国共産党が現在やっきになって「南京大虐殺」についての根も葉もないプロパガンダを 世界中で展開している。すでに中国が南京大虐殺の証拠として提示する写真・計143枚 は、そのすべてがニセ写真、捏造、またはまったく無関係かのいずれであることが証明さ れている。にもかかわらず、中国共産党は、南京大虐殺記念館を増築し、反日プロパガン ダを強化している。

さらに、中国共産党は日本軍による残虐行為の犠牲者と称する者たちを並べ、南京大虐殺 を立証しようとする。しかしながら、われわれが理解すべきは、証言は、あくまで証言で あり、即、証拠とはならない。証言が、証拠としてみなされるためには合理的裏づけが必 要となるということである。合理的な裏づけ、それが証言の信憑性を保証するのだ。 信憑性を欠いた証言は、証言とは呼べない。それは作り話である。

中国は、元日本兵の証 言(南京戦・松岡環)まで用意し、その事件を立証しようとするが、その元日本兵と称す る者たちの素性が極めて怪しいのである。つまり同じ部隊の元日本兵たちが、中国が用意 した自称・元日本兵を知らないのである。素性が怪しい者の証言をどうして証拠として採 用できようか。

歴史は「記憶」である。いま日本人は、71年前に実際に南京攻略戦に参加された元日本 兵たちの証言を記憶しなければならない。

急げ!時間はもうあまり残されていない。そして歴史を記憶せよ。

TAMAGAWABOAT
http://tamagawaboat.wordpress.com/

読み込んでいます...

自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...