読み込んでいます...

風の丘から 義手の画家・大野勝彦の世界

視聴回数 33,917 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

文字起こし

インタラクティブな文字起こしテキストを読み込めませんでした。

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2007/08/28 に公開

1989年7月、45歳のときに仕事中の事故で両手を失い、失意のどん底から独学で創作の道を歩み始めた義手の画家、大野勝彦。さりげない言葉に込められた心情やほとばしる情熱で描かれた作品、そして、どんな運命の苦難も「はい」で受けとめる生き方が、感動とともに全国に波及中。美しい阿蘇の美術館「風の丘 阿蘇 大野勝彦美術館」を背景に、創作の原点となるエピソードや生きることへの思いを作家自らが語るダイジェスト映像。
※この映像は詩画集『はい、わかりました。』、手記『よし、かかってこい』の刊行(ともにサンマーク出版)を機に制作されたものです。

読み込んでいます...

広告
自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...