読み込んでいます...

医師資格なしにシミやほくろを除去 エステサロン経営者ら逮捕

視聴回数 7,303 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

文字起こし

インタラクティブな文字起こしテキストを読み込めませんでした。

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2011/01/30 に公開

医師の資格がないのに、シミやほくろを電気機器で除去していたとして、女性経営者らが警視庁に逮捕された。医師法違反の疑いで逮捕された東京都足立区南花畑3、エステサロン「エステティック美肌香房」の経営者・久和勇子容疑者(42)と、従業員・斎藤千尋容疑者(35)は、医師の資格がないにもかかわらず、20~40代の女性5人に対し、電気機器で、シミやほくろを取る医療行為を行った疑いが持たれている。無資格で医療行為にあたるほくろの除去をした都内の主婦(43)ら5人に対し、医師免許がないのに、顔のほくろを除去するなどの医療行為をした疑い。生活環境課によると、久和容疑者らは05年からインターネットなどで「シミ、イボ、ほくろ取り放題1万2000円」と宣伝し2010年の昨年1年間に女性客延べ約800人を集め、このほくろやしみの除去などの施術を行っており、肌の陥没や赤みが出るなどの健康被害を訴える人もいたという。このエステサロンでは、約1000万円を得ていたとみて調べている。
久和容疑者は容疑を認め、久和容疑者は「以前に勤務していたエステ店で同様の施術をしており、もうかるので自分でやろうと思った」と供述しているという。2005年から営業し、客の女性からは同店などに「赤みが残った」肌の陥没や赤みなどの健康被害を訴える客もいるという。

読み込んでいます...

自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...