読み込んでいます...

Perfume de carnaval カーニバルの香り(第一弾) Zamba agrentina

視聴回数 1,351 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2009/01/23 に公開

アルゼンチン・サンバ Zamba argentina

フルートにより歌なし版もアップしました。
http://www.youtube.com/watch?v=0dLAKe...

Me voy solo con mi suerte
la llevare en mi recuerdo
bajo un añoso algarrobo
cortaba el aire un pañuelo
bailando una vieja zamba
yo le entregaba mis sueños.

El sol quemaba en la tarde
siluetas que parecian
fantasmas amarillentos
llenos de tierra y de vida
y yo rendido a tus ojos
sintiendo que me querias.

Ay!...Perfume de carnaval
ya nunca la te he de olvidar
su piel llevaba el aroma
de flor y tierra mojada
bellos recuerdos que siempre
los guardo dentro del alma.


Ay! tiempos donde han quedado
donde he perdido mis sueños
quien sabe si ella se acuerda
de un viejo mes de febrero
y de aquel baile en el campo
y de mi amor verdadero.

No quise decirle nada
la ame en silencio esa tarde
y sobre sus trenzas negras
deje mis coplas sentidas
me fui llevando sus ojos
un miercoles de cenizas.

Ay!...Perfume de carnaval............

自分の運命だけを心の中に秘めて私は歩む
アルガロボの木の下でハンカチで空気を切り裂き
古いサンバを踊りながら私は運命に身を任せる

午後の太陽は照りつけ、シルエットはまるで、
大地や人生に満ちあふれる、黄ばんだ幻影のよう。
そして私は、あなたの瞳に心をとらわれ
好きだと思うようになった。

ああ、カーニバルの香りよ、私は決して忘れない
あなたの肌が、花と湿った大地の香りを
漂わせていたことを。
この美しい記憶を、私の心の中にいつも守っている。

ああ、時間だけが残され
私の夢は失われてしまった
あの古い2月(カーニバルの月)のことを
誰が覚えているだろうか
あの、野原での踊りのことを、そして
私の真実の愛のことを

私は何も言いたくなかった
あの午後、ただ黙って愛していた
そして黒い三つ編みごしに
心からの言葉を捨て去った
私は君の瞳とともに
灰の水曜日(カーニバルの最終日)まで過ごした。

ああ、カーニバルの香りよ、私は決して忘れない
・・・・・
---------
日本語に訳すと、かなり濃密な失恋の歌ですね。

Zamba argentina por vPeteco Carabajal.
ペテコ・カラバハル作曲によるアルゼンチン・サンバ

  • カテゴリ

  • ライセンス

    • 標準の YouTube ライセンス

読み込んでいます...

自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...