読み込んでいます...

揺れる日銀総裁人事への提言 4月9日 鈴木淑夫緊急インタビュー NO6

視聴回数 1,445 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

文字起こし

インタラクティブな文字起こしテキストを読み込めませんでした。

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2008/04/09 にアップロード

4月8日、小沢民主党は、福田内閣が提示した白川方明総裁、渡辺博史副総裁案のうち、渡辺氏について、不同意を決めた。度重なる不同意に、民主党党内にも、渡辺氏の副総裁人事に同意をとの意見もあったが、結果として、中央銀行総裁について国際的セオリーである「財金分離」の原則は守られた。今回、鈴木氏に緊急インタビューをお願いしたのは、国民にとって極めて解りづらい「財金分離論」と福田首相の主張である「財金一体論」を説明していただき、日銀総裁論議の本質を見極めたいと思ったからである。(インタビューは佐藤弘弥 場所は鈴木淑夫氏の自宅 08年4月9日)

読み込んでいます...

自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...