Loading...

#ドイツの外相 #ハンガリー #バーデン

ヨシュカ・フィッシャー

1 view

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 17, 2019

ヨシュカ・フィッシャー, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2... / CC BY SA 3.0

#ドイツの外相
#ハンガリー・ドイツ人
#バーデン=ヴュルテンベルク州出身の人物
#1948年生
#存命人物
ヨシュカ・フィッシャー

ヨシュカ・フィッシャー(Joschka Fischer, 本名:ヨーゼフ・マルティン・フィッシャー/Joseph Martin Fischer, 1948年4月12日 - )は、ドイツの政治家。同盟90/緑の党所属。元連邦外務大臣兼副首相。

バーデン・ヴュルテンベルク州ゲーラブロンに肉屋の三男として生まれる。両親はハンガリーに住んでいたドイツ系住民で、第二次世界大戦後の1946年にハンガリー政府に追放されて西ドイツに移住してきた。彼の本名はヨーゼフであるが、ヨーゼフのハンガリー語での愛称ヨーシュカ ( ) をドイツ語風に表記した を通名にしている。少年時代は教会で侍者をしていた。1965年、17歳の時にギムナジウムを中退して写真家の修業をしたが、すぐにやめた。その後しばらく玩具のセールスマンとなる。

連邦共和国に対する激しい異議申し立てで知られる、いわゆる「68年世代」の一人である。1967年にフランクフルト・アム・マインで学生運動に投じ、左翼系出版社でアルバイトを始めた。同時にフランクフルト大学で左派の学生に人気が高かったテオドール・アドルノ、ユルゲン・ハーバーマスらの授業に潜り込んで聴講し、カール・マルクス、毛沢東、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルなどの著作を読みふけった。

1975年まで左翼過激派団体「革命闘争」のメンバーであり、警官隊との衝突に参加。火炎瓶も用いたこの団体との衝突で警官十数名が重傷を負った。フィッシャーが警官隊に立ち向かっている姿が映っている写真がのち2001年にマスコミに暴露されたが、フィッシャーはこの経歴を否定せずに謝罪した。この頃の友人にダニエル・コーン=ベンディットがおり、ルームメイトでもあった。1969年にはパレスチナ解放機構の会合のためアルジェに赴く。1971年にはリュッセルスハイムにあるオペル工場に就職し、内部から革命運動を組織しようと試みたが、半年後に解雇された。

1976年3月14日、活動家ウルリケ・マインホフの死に抗議するデモに参加し、このデモで警官2名が火炎瓶で重傷を負った事件との関連で逮捕されたが、2日後に釈放される。翌1977年も「ドイツの秋」と呼ばれる左翼過激派によるテロ事件(要人誘拐・殺害やハイジャック)が頻発したが、フィッシャーはこの頃に過激派活動に疑問を感じ、活動から離れた。1981年にヘッセン州経済大臣射殺事件が発生した際、その犯行に使われた武器が1973年にアメリカ軍基地から盗まれ、フィッシャー所有の車で運ばれたものであると判明した。フィッシャーはこれについて、この車は知り合いに譲ったもので、後になって武器輸送に使われたと知ったと説明している。

この間フィッシャーはさまざまな仕事を転々とした。1976年に運転免許を取得して1981年までタクシーの運転手をしており、また書店の店番やポルノの翻訳で生計を立てていたこともある。1983年には俳優としてテレビドラマに出演、1986年には映画にも出演したが、いずれも実体験のあるフランクフルトのタクシー運転手という役回りだった。

現実の政治に目覚めたフィッシャーは1981年、コーン=ベンディットらと小政党を旗揚げするが、翌年緑の党に合流。ヘッセン州の緑の党は彼が主導する現実派と、エコロジー原理主義派の対立が起きた。主導権を握ったフィッシャーは1983年のドイツ連邦議会選挙の候補に選出され、当選を果たした。連邦議会に初めて議席を獲得した緑の党の連邦議会幹事会の一員となる。当時緑の党は議員の椅子を党員の持ち回り制にしていたため、フィッシャーは1985年に議員を辞す。
1985年、ヘッセン州では社会民主党と緑の党の連立政権(両党のシンボルカラーから「赤緑連立」と通称される)が成立、フィッシャーは緑の党初の大臣として州内閣の環境・エネルギー相に就任した。宣誓式に粗末なジャケットとスニーカー姿で登場して宣誓を行い、「スニーカー大臣」と話題になった。1987年、ハーナウに建設予定の原子力発電所をめぐり両党は対立、フィッシャーら緑の党の大臣は更迭された。間もなく行われた州議会選挙にフィッシャーは当選し、緑の党の州議会幹事長に就任。1991年の州議会選挙で再び「赤緑連立」政権が誕生、フィッシャーは再度州内閣の環境大臣に就任した。この頃の功績として、化石産地として有名なメッセル(1995年、世界遺産に登録)をゴミ埋立地と...

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...