Loading...

MANDINGO.trailer

163,598 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 27, 2011

『絞殺魔』『ミクロの決死圏』の名匠、リチャード・フライシャー監督がアメリカ最大のタブー・奴隷制度に深く切り込んだ問題作。
1820年代の南部・ニューオリンズを舞台に、奴隷牧場を運営する一家の栄光と崩壊をスキャンダラスに描き出す。

R・フライシャー、幻の問題作発売!

 『ソイレント・グリーン』『絞殺魔』といった問題作から『ミクロの決死圏』といったエンターテイメント大作まで幅広く手掛けた名匠リチャード・フライシャーがアメリカ最大のタブー「奴隷制度」に深く切り込んだ問題作。

 人間とは扱わず吐き気を催すほどえげつない行為の数々と、
黒人奴隷たちの悲しみと怒りが爆発したときに、悲劇のラストを迎える。
70年代アメリカ映画特有のむさ苦しい画面と描写に圧倒される。

 主演はヒッチコックの『北北西に進路を取れ!』やスタンリー・キューブリックの『ロリータ』のジェームズ・メイソン、サム・ペキンパーの『わらの犬』のスーザン・ジョージ。

 奴隷牧場を運営するファルコンハースト農園の老当主のマクスウェル(メイスン)は息子ハモンドに運営を任せるが、嫁を娶らなければならなかった。マクスウェルは自分の目が黒い間に孫が見たいという。そしてハモンドは見合いをして少佐の娘ブランチ(S・ジョージ)との結婚を承諾するが、旅先で出会った黒人娘エレンに一目惚れをしてしまった。

 さらに嫁になったブランチとの初夜でブランチが処女でないことのショックもあいまり、間違った結婚を呪ったハモンドは黒人娘エレンとの浮気に溺れる、その結果とうとうエレンは妊娠してしまう・・・。

http://www.amazon.co.jp/dp/B000064G79

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...