Loading...

9 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jun 29, 2019

トニー・アトラス, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1... / CC BY SA 3.0

#アメリカ合衆国のプロレスラー
#アフリカ系アメリカ人のプロレスラー
#NWAに参戦したプロレスラー
#WWEに参戦したプロレスラー
#AWAに参戦したプロレスラー
#新日本プロレスに参戦した外国人プロレスラー
#プロレス・マネージャー
#プロレス・インタビュアー
#アメリカ合衆国のボディビルダー
#パワーリフティング選手
トニー・アトラス

トニー・アトラス(Tony "Mr. USA" Atlas、本名:Anthony White、1954年4月23日 - )は、アメリカ合衆国のプロレスラー。バージニア州ロアノーク出身のアフリカ系アメリカ人。

ボディビルのコンテストで3回に渡ってミスター・USAに輝き、レスラー時代はその驚異的なパワーとバネを活かした空中殺法でベビーフェイスとしての人気を獲得。一時は黒人初のNWA世界ヘビー級王者の呼び声も高かった。

引退後の2008年7月から2010年4月にかけては、全盛期の1980年代における主戦場でもあったWWEにてマーク・ヘンリーのマネージャーなどを務めた。

1974年、地元のバージニアおよびノース&サウスカロライナをサーキット・エリアとする、ジム・クロケット・ジュニア主宰のミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリングにてデビュー。ワフー・マクダニエルやルーファス・ジョーンズのパートナーに起用され、ハリウッド・ブロンズ、ミネソタ・レッキング・クルー、グレッグ・バレンタイン、バロン・フォン・ラシク、ミシェル・デュボアなどのヒール勢と対戦してキャリアを積み、1978年9月17日にケン・パテラからNWAミッドアトランティック・ヘビー級王座を奪取して頭角を表す。

その後はジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリングにて、アブドーラ・ザ・ブッチャーとの抗争やトミー・リッチとのタッグで活躍。1980年10月24日にはデニス・コンドリーからNWAジョージア・ヘビー級王座を奪取し、ハーリー・レイスのNWA世界ヘビー級王座にも再三挑戦するなど、黒人レスラーのホープとして期待を寄せられた。ジョージアではベビーフェイスのポジションにいたスタン・ハンセンともタッグを組み、リック・フレアー&オレイ・アンダーソン、マスクド・スーパースター&ブラックジャック・ランザなどのチームと対戦したことがある。

並行してニューヨークのWWFにも進出、1980年から1981年にかけては、若手ヒール時代のハルク・ホーガンとも抗争を繰り広げた。1982年3月、WWFとの提携ルートで新日本プロレス『MSGシリーズ』の第5回大会に初来日。前年の第4回大会にも参加が決定していながら直前に中止になった経緯があり、待望の来日としてファンや関係者の注目を集めた。リーグ戦の戦績は振るわなかったものの、3月12日の後楽園ホール大会では、賞金1000ドルを賭けたベンチプレス・コンテスト(アトラス、マスクド・スーパースター、ドン・ムラコ、荒川真、ミスター高橋が参加)で220kgを挙げ優勝するなど数々の話題を残す。また、プロレス雑誌においてミミ萩原との対談などの企画も行われた。

1983年にはWWFでロッキー・ジョンソンをパートナーに、黒人タッグチームのソウル・パトロール(The Soul Patrol)を結成、同年11月15日にワイルド・サモアンズからWWFタッグ王座を奪取した。翌1984年、WWFがビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下で全米侵攻を開始すると、同王座を巡りディック・マードック&アドリアン・アドニスのノース・サウス・コネクションと各地で対戦。シングルでは、同じく筋肉美を誇るジェシー・ベンチュラやポール・オーンドーフと抗争を展開した。

一時AWAにも転出したが、WWFには1986年秋まで在籍。離脱後はテキサス州ダラスのWCWA(WCCW)にスーパーマンをイメージしたキャラクターで登場。1986年12月1日にはクラッシャー・ユーコフを破りTV王座を獲得、同タイトルの最後のチャンピオンとなっている。1987年からはカルロス・コロンの主宰するプエルトリコのWWCにも参戦、1988年7月17日のブルーザー・ブロディ刺殺事件の際は、同じ控え室に居合わせた。

その後はドラッグ問題などで一時はホームレス状態に陥っていたが、後に妻となるモニカ・ホワイトの献身もあって社会復帰を果たし、1990年の末にWWFと再契約。アフリカの部族ギミックのサバ・シンバ(Saba Simba)に変身し、1991年のロイヤルランブルにも出場した。以降、1990年代は...

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...