Loading...

古代インド史・東南アジア❸ 世界史朗読シリーズ ~聴くだけ!実際に出題された文です☺~

345 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 20, 2018

http://blog.livedoor.jp/yusuke1138/
実際に大学入試で出題された文章をもとに朗読しているので、記憶の定着に有効かと思います☺
気分転換の学習手段として通勤、通学や散歩しながらでも聞いてみてください!

① 漢代までの東南アジア
・ドンソン文化:ベトナム北部の青銅器文化。銅鼓〔どうこ〕
・南越:秦の始皇帝の武将がベトナムで独立
・漢の武帝の南越遠征
→交趾〔こうし〕郡、日南郡など9郡をおく
→チュン姉妹の反乱:後漢の光武帝が鎮圧
・海の道:インドと中国を結ぶ港市〔こうし〕 国家
 ・扶南〔ふなん〕(オケオ遺跡)、チャンパーなど
 ・大秦王安敦の使者:後漢末、日南郡に来航

② 唐代の東南アジア
・ベトナム:唐は安南都護府をおいて統治
・マラッカ海峡ルート
 ・スマトラ島西部のシュリーヴィジャヤ王国
 →唐僧義浄が滞在。『南海寄帰内法伝』
 ・ジャワ島中部のシャイレーンドラ朝
 :大乗仏教寺院ボロブドゥール
・雲南高原ルート
 ・南詔〔なんしょう〕:チベット・ビルマ系ロロ族
・メコン川下流域
 ・クメール(真臘〔しんろう〕):扶南を滅ぼす

③ 宋代の東南アジア
・ベトナム(大越)独立
 ・李朝:最初の長期王朝
 ・陳朝:元軍を撃退。民族文字 チュノム(字喃)→内紛に乗じた明の永楽帝に滅ぼされる
・アンコール朝:クメール(真臘)の全盛期の王朝
 ・首都アンコール=トム
 ・ヒンドゥー教寺院アンコール=ワット(のち、仏教寺院)
・パガン朝:ビルマ人が雲南高原から南下
→イラワディ川流域のピュー人、モン人を征服
→上座部仏教に改宗
・大理:南詔に代わって雲南高原を統一
・クディリ朝(古マタラム朝)
:ジャワ島西部のヒンドゥー教国家

④ モンゴル(元朝)の東南アジア侵攻
・大理滅亡、パガン朝衰退、陳朝は元軍を撃退
・シンガサリ朝:元朝の使者を侮辱、元軍侵攻を招く
・マジャパヒト王国(1293~1520頃)
:シンガサリ王の娘婿が元軍を撃退、建国

⑤ 明・清代の東南アジア
・ベトナムの王朝
 ・黎〔れい〕朝:明軍を撃退。チャンパー征服
 →ハノイの鄭氏、フエの阮〔げん〕氏の内戦
 ・西山の乱 農民軍が鄭氏・阮氏を倒す
 ・阮朝:阮福映〔げんふくえい〕が西山政権を倒す
 →仏人宣教師ピニョーの援助。宣教師受け入れ
 →のち宣教師を追放。フランスの干渉を受ける
・タイの王朝:タイ人は雲南から南下、真臘〔しんろう〕を圧迫
 ・スコータイ朝:インドシナ半島初のタイ人王朝
 ・アユタヤ朝:アンコール攻略、マラッカ王国を圧迫、タイの最大領土
・ビルマの王朝
 ・タウングー(トゥングー)朝:欧州商人が来航
 ・コンバウン朝(1752~1885)
 :アラウンパヤー王がアユタヤ攻略(1767)

⑥ 東南アジアのイスラーム化と植民地化
・マラッカ王国:明の鄭和〔ていわ〕の来航を機に明に朝貢。のちイスラーム改宗
→ポルトガル(1511)が占領、王国滅亡
→オランダ(1641)が占領
・マジャパヒト王国崩壊:ジャワ島のイスラーム化
→西のバンテン王国、東のマタラム王国が抗争
・オランダ(東インド会社):香辛料を求めて来航
→バンテン王国、マタラム王国を保護国化
→アンボイナ事件(1623)
 :モルッカ諸島からイギリス人を排除

http://blog.livedoor.jp/yusuke1138/
ブログを始めました!✍学習・モチベーションアップに役立つような内容を目指して更新していきます🙋

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...