Loading...

哲GACKTの哲学史【Part 12】プラトンの思想①ドクサとエピステーメー

74 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Nov 30, 2018

哲学史、第12回は、プラトンの思想①として、ドクサとエピステーメーについてお話しています。

この動画の内容:
プラトンの代表的な思想としてイデア論があるが、この考え方を理解するには、プラトンの考える認識についての区別を理解する必要がある。
ドクサ(臆見)とは、五感・感覚器官から入ってきた情報を、そのまま受け入れてしまう独断的な思い込みのことを意味する。
それに対して、エピステーメー(学問的な知識)は、理性によって吟味された知識を意味する。
プラトンによれば善く生きるためには、ドクサを退け、理性によって吟味されたエピステーメーを学ばなければならないとされる。

哲学史再生リスト https://www.youtube.com/playlist?list...

コメント、質問など大歓迎ですので、宜しくお願いします。(文責:哲GACKT)

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...