Loading...

エジプト神話

12 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 12, 2019

エジプト神話, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=3831 / CC BY SA 3.0

エジプト神話

エジプト神話(エジプトしんわ)は、キリスト教とイスラム教が広まる以前に古代エジプトの人々によって信仰されてきた神々の体系、宗教を指す。

古代エジプト人の信仰は、おおよそ3000年に渡る長い期間続き、またその間に何度も変容を繰り返してきたので、単一の記事(それどころか、ある本をまるごと一冊)では概要以上のものを示すことはできない。

一般には、ヘリオポリスで信仰されていたヘリオポリス神話をもとにして語られることが多い。他にもメンフィス神話、ヘルモポリス神話、テーベ神話など多様な体系が存在する。これは、当時のエジプト国内における勢力の変遷に伴い、王朝の興亡と共に信仰の在り方が変容して、神話も地域ごとにまとめられたためである。また、エジプト国内に異民族が入り込む際にも、新たな神々が流入した。

エジプトがローマ帝国の属州となり、やがてイスラム教が流入すると、主要な信仰は途絶えたとされる。

エジプト神話は、特定の開祖が存在しない多神教であり、信仰される神々は、自然現象などを神格化した自然神である。一部、実在した王を神格化した人物神もいると言われるが、断定的な説はない。多くの場合は動物の姿、あるいは動物の頭を持つ人間の姿で表される。

時代が下るにつれて、古い神は他の神に役割を奪われたり、習合して一つの神になったり、神話から姿を消したりすることがあった。例えば、代表的な太陽神であるラーは、後にアメンと習合した。逆に、複数の神々が同じ役割を担うこともあった。例えば世界の創造主としては、後述のようにアトゥム、プタハ、クヌム、オグドアドなど様々な神が信仰された。

さらに、エジプトがローマ帝国の属州となったのち、エジプトの神々は、ローマやギリシアの神々と共にローマ帝国内で同一視され、習合された。その後、イスラム教の流入により、ほとんどの神々への信仰は途絶えた。

エジプトでは各地に神殿が建てられ、神々が崇拝されていた。神々の序列・関係性は地方によって異なり、代表的なヘリオポリスにおいては、ラー=アトゥムが主神として信仰されていた。一方、地方によってはプタハなど、別の神を人類創造の主神として崇める地域もあった。そのため地方ごとに、それぞれ別の神を祀る神殿が建造された。また、各々の神殿はただ単に奉られる神が異なるだけでなく、その建築様式も多様であった。柱だけで天井のない神殿や、畑や庭、池のある神殿などが存在し、立地も山岳部や川岸など様々であった。

国家や地方都市が大規模な神殿を建造する一方で、大衆の間でも様々な形で神々が信仰され、護符や柱、雑貨などの装飾モチーフとしても用いられた。

また、古代エジプトの君主ファラオは「神の子」として君臨したため、国家によっても多くの神殿が建てられた。その代表格といえるのがアブシンベル神殿である。

エジプト神話は、神権政治によってファラオと密接に結びついた。ファラオは、様々な神の名前を自身の名前に組み込むことで、神の庇護を得ようとした。ファラオの信仰する神の神殿は、国家事業として建設された。ピラミッド、ルクソール神殿、アブシンベル神殿など、信仰の形態の変化によって神殿の様式も変化した。とりわけ、信仰と共に大きく美術様式が変化したアマルナ改革が有名である。

エジプト神話に訪れた最初の転換点として、エジプト全土が統一されたことが挙げられる。この際にヘリオポリス神話がまとめられ、ラー、オシリス、ホルスを中心とした物語が作られた。エジプト全土の君主は、ファラオと呼ばれる「神の子」、「ホルスの化身」と位置付けられた。次に、テーベの勢力がエジプトを統一して第11王朝を起こすと、テーベの地方神アメンがラーと習合し、エジプトの主神となった。アメンが主神に据えられるとエジプト神話の体系も刷新され、神々の役割や序列が大きく変化した。これはプトレマイオス王朝の滅亡まで続いた。

また、一神教であるユダヤ教は、神格化した君主であるファラオを受け入れず反発した。このことは、モーセの出エジプトなど様々な歴史上の事件を引き起こす原因となった。

エジプト美術において特徴的な点は、神々が真横を向いた姿で描かれることである。他にも、エジプト人の様々な信仰が彫刻や壁画に込められた。

またエジプト人は、壁画に描かれた事柄が、そこに描かれている限り永久に現実化しつづけると考えていたとも言われる。このため、不吉な内容を描くことは好まれなかった。

エジプト神話の内容は地域ごとに異なっていたが、主にラーを中心としたヘリオポリス神話と、アメンを中心としたヘルモポリス神話の二つに...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...