Loading...

愛馬花嫁/愛馬進軍歌

7,794 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Nov 3, 2009

愛馬花嫁

作詩 西条八十 作曲 万城目正. 昭和15年.
1 ぬしは召されて 皇国(みくに)の勇士
  わたしゃ銃後の 花嫁御寮
  ぬしの形見の 可愛い黒馬(あお)に
  秣刈りましょ 飼餌(かいば)も煮ましょ
2 忘れられよか 去年の春を
  黒馬に揺られて 初里帰り
  ぬしに手綱を とられて越えた
  峠三里は ただ夢の中


3 雨の露営へ 弾薬積んで
  朱(あけ)に染まって 来た馬見たら
  みんな泣いたと 戦地の便り
  黒馬も早よなれ 名誉の馬に


愛馬進軍歌

作詩 久保井信夫  作曲 新城正一
昭和14年
1 くにを出てから幾月ぞ
  ともに死ぬ気でこの馬と
  攻めて進んだ山や河
  とった手綱に血が通う
2 昨日陥したトーチカで
  今日は仮寝のたかいびき
  馬よぐっすり眠れたか
  明日の戦は手強いぞ


3 弾丸の雨降る濁流を
  お前たよりに乗り切って
  つとめ果したあの時は
  泣いて秣を食わしたぞ 
4 慰問袋のお守札を
  掛けて戦うこの栗毛
  ちりにまみれた髭面に
  なんでなつくか顔よせて


5 伊達にはとらぬこの剣
  まっさき駈けて突っこめば
  何ともろいぞ敵の陣
  馬よいななけ勝鬨だ
6 お前の背に日の丸を
  立てて入場この凱歌
  兵に劣らぬ天晴れの
  勲は永く忘れぬぞ

  • Category

  • Song

    • 愛馬進軍歌
  • Artist

    • 三鷹淳
  • Album

    • <戦後70年> 日本の軍歌大全集 ~若鷺の歌・海行かば~
  • Licensed to YouTube by

    • columbia (on behalf of COLUMBIA)

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...