Loading...

10 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 9, 2019

エリック・モラレス, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=5... / CC BY SA 3.0

#メキシコの男子ボクサー
#スーパーバンタム級世界王者
#フェザー級世界王者
#スーパーフェザー級世界王者
#世界ボクシング評議会世界王者
#国際ボクシング連盟世界王者
#メキシコのドーピング違反選手
#ドーピング違反のボクサー
#ティフアナ出身の人物
#1976年生
エリック・モラレス

エリック・モラレス(Erik Morales、男性、1976年9月1日 - )は、メキシコのプロボクサー。ティフアナ出身。ニックネームは"エル テリブレ"(恐怖の男)。キャリア前期は細身の体から繰り出す距離のある鋭利なストレートとアッパーの強打でKOを重ね、後期には距離を保ったボクシングでも優勢に立てるテクニックで戦った。2011年07月17日にはホルヘ・アルセに続き、メキシコ人としては2人目となる4階級制覇(スーパーバンタム級、フェザー級、スーパーフェザー級、スーパーライト級)を達成。
同じメキシコ出身のマルコ・アントニオ・バレラとのライバル関係、マニー・パッキャオとの対戦など名勝負を残した。兄弟には弟のディエゴ・モラレスは第6代WBO世界スーパーフライ級王者。末弟のイバン・モラレスは世界ランカー。

1993年3月29日、16歳でプロデビュー(2RKO勝ち)。

1994年12月29日、ホセ・バルデスを8RTKOで倒しWBCムンドヒスパノスーパーバンタム級王座を獲得した(同王座は2度防衛)。

1995年4月21日、エンリケ・フピテルを6RTKOで下し メキシコスーパーバンタム級王座を獲得した(同王座は2度防衛)。

1996年7月14日、フアン・ルイス・トーレスを12R判定で下し、NABF北米スーパーバンタム級王座を獲得した(同王座は5度防衛)。

1997年9月6日、辰吉丈一郎を2度下したことのある、ダニエル・サラゴサ(メキシコ)に11RTKO勝ちでWBC世界スーパーバンタム級王座獲得に成功。サラゴサはこの試合を最後に現役を退いたため引導を渡すという結果となった。

1997年12月12日、メキシコ・バハ・カリフォルニア州ティフアナのオーディトリオ・ナシオナルにてジョン・ロウィーを相手に初防衛戦を行い、ロウィー側が7回終了時のインターバル中に棄権したため、結果7回終了時TKO勝利となり初防衛に成功した。

1998年4月3日、レミヒオ・モリナ(アルゼンチン)を相手に2度目の防衛戦を行い、6回TKO勝利を収め2度目の防衛に成功した。

1998年5月16日、元WBC世界スーパーフライ級王者のホセ・ルイス・ブエノと対戦し、2回KO勝利で3度目の防衛に成功した。

1998年9月12日、元WBA世界バンタム級王者で元WBO世界スーパーバンタム級王者の2階級制覇王者ジュニア・ジョーンズ(アメリカ合衆国)と対戦し、4回にジョーンズからダウンを奪うと、チャンスとみるやそこから一気に畳み掛けレフリーストップを呼び込み4回TKO勝利となり4度目の防衛に成功した。

1999年2月13日、アメリカ・ネバダ州ラスベガスにあるトーマス&マック・センターにて、同級10位のアンヘル・チャコン(プエルトリコ)と対戦し、2回にロープ際まで相手を詰めると右フックからの連打を当て相手がロープの外に飛び出るという強烈なKOを飾り2回KO勝利で5度目の防衛に成功した。

1999年5月8日、ラスベガス・ヒルトンにてファン・カルロス・ラミレス(アルゼンチン)を相手に6度目の防衛戦を行い、9回終了時TKO勝利で6度目の防衛に成功した。

1999年7月31日、プラザ・デ・トロスにてレイナンテ・ハミリ(フィリピン)と対戦し、6回TKO勝ちで7度目の防衛に成功した。

1999年10月22日、アメリカ・ミシガン州デトロイトにあるジョー・ルイス・アリーナにて、薬師寺保栄から王座を奪った元WBC世界バンタム級王者のウェイン・マッカラー(アイルランド)と対戦し、判定までもつれたものの3-0(116-112、116-112、118-110)の判定勝利を収め8度目の防衛に成功した。

2000年2月19日、9回目の防衛戦では同じくメキシコ人として人気を二分するライバルWBO世界スーパーバンタム級王者マルコ・アントニオ・バレラとマンダレイ・ベイにてWBC・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦を行う。序盤から互いに打って出る打撃戦を展開。両者いつ倒れてもおかしくないような壮絶な打ち合いの果てに、最終ラウンドついにモラレスが痛恨のダウン。しかし結果は2-1(114-113、113-114、115-112)の判定勝ちでモラレスに軍...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...