Loading...

中東情勢と民主主義について荻上チキらが議論する

202 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 21, 2016

高評価、またはチャンネル登録していただくと励みになります!
https://www.youtube.com/channel/UCSVL...

--------------------------------------------
【内容】

トルコで、日本時間16日未明、軍の一部がクーデターを企て、
参謀指令本部や国営テレビなどを占拠、その後、
正規軍の部隊と戦闘となり鎮圧され、クーデターは失敗に終わりました。

政府側は、アメリカ在住のイスラム穏健派指導者・ギュレン師が
黒幕だと指摘していますが、本人は否定しています。

トルコでは、1960年代から80年代にかけて国内が不安定化した際、
軍がたびたびクーデターを起こし、国民からも受け入れられた歴史があります。

今回はこの出来事と民主主義について評論家の荻上チキ氏とジェトロ・アジア経済研究所の今井宏平氏、放送大学教授の高橋和夫氏が議論しています。

--------------------------------------------
【出典】

荻上チキ・Session-22「トルコでクーデター未遂。イスラム・クーデター・民主主義」より(2016年7月19日(火)放送)
http://www.tbsradio.jp/55650

--------------------------------------------
【画像引用】

画像:http://blogos.com/article/59843/

--------------------------------------------
【関連動画】

・【桜便り】トルコクーデター事件の背景 / 田母神買収事件・第2回公判報告[桜H28/7/20]
https://youtu.be/Sd2vYF1YuPI

・トルコのクーデター、大統領府付近で空爆するジェット機 Turkey: Jets bomb near Turkish presidential palace in Ankara
https://youtu.be/_Oc5PI0cpaE

・銃声や大きな爆発音が何度も・・・トルコでクーデター(16/07/16)
https://youtu.be/9-xJ-kuExIc

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...