Loading...

日本の原発事故から教訓を

1,037 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 18, 2011

【新唐人2011年3月18日付ニュース】東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子発電所の事故は、アメリカでも原発に対する不安を招いています。これに対し、アメリカのスティーブン・チュー・エネルギー長官は16日の公聴会で、今回の放射能漏れ事故は2009年のスリーマイル島事故より深刻であると表明しました。

米国エネルギー長官 スティーブン・チュー:「我々は注意深く観察し、今回の重大災難から経験と教訓を汲み取るべきです。史上4番目の大地震と巨大津波を含めて」

公聴会で長官は、福島原発の事故はアメリカのスリーマイル島の放射能漏れ事故よりも深刻で、詳しい状況も把握し切れていないと指摘。すでに39名のアメリカの専門家が日本に派遣されたほか、日本に放射線の測定設備も提供。

米国エネルギー長官 スティーブン・チュー:「オバマ政権はエネルギーの多元化を信じています。力 太陽エネルギーなどの再生可能資源、天然ガスクリーンな石炭や原子力など」

また長官は、オバマ政権はエネルギーの多元化の政策は変えていないと発言。アメリカの核施設に対しては自信を見せました。

米国エネルギー長官 スティーブン・チュー:「米国民は自信を持つべきです。米国には厳しい安全措置があります。我々の原発は安全だと保証します」

しかし、オバマ政権のクリーンエネルギー計画を疑問視する議員もいます。民主党の上下両院議長は15日、政府に原発の安全性の再検査を呼びかけました。国会議員のエドワード・マーキー氏も、原子力発電所の安全性および停電時の冷却システム機能に関し、情報開示を求めました。

新唐人テレビがワシントンからお送りしました。
http://ntdtv.com/xtr/b5/2011/03/17/at...

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...