Loading...

家庭菜園<不耕起、無肥料、無農薬栽培の生育状況>2018年7月12日

1,321 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 11, 2018

家庭菜園<不耕起、無肥料、無農薬栽培の生育状況>2018年7月12日:
  原発事故後7年目を迎えた家庭菜園。西瓜以外の夏野菜は、今年から不耕起、無肥料、無農薬栽培に戻した。

自然農法は雑草と共に育てる方法であるが、野生種の種が入手できないので、雑草に負けないように、黒マルチを敷き、通路も夏季の除草の手間を省くため、通路に防草シートを敷いている。

今季は、昨年夏からの黒マルチをそのまま利用し、前作物の根を残した植え穴に、播種・定植を行った。昨年までの有機栽培と比べ作物の生育は遅いが、太陽の恵みを受け無肥料でも栽培できることを再確認している。

予想外のこととして、自然農法ではアブラムシの発生がまったくなかったが、今年はトマト(小玉、中玉)にアブラムシが大発生した。止むを得ず、フマキラー製の「カダンセーフ」を何度も塗布し、アブラムシをほぼ駆除できた。

カダンセーフ(有効成分(ソルビタン脂肪酸エステル))は、ヤシ油とでんぷんからできており、薬剤が虫や菌の表面を薄い膜状に包み込むため、虫は呼吸ができなくなって窒息死し、菌は栄養吸収ができなくなり、死ぬとのことである。化学殺虫剤を使用していないので由とした。

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...