Loading...

土用の丑の日に向け 2019年は多彩 大手スーパーが新たな試み

888 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 17, 2019

7月27日は土用の丑の日です。この日に合わせ「鰻を食べよう」という人も多いと思いますが、大手スーパーのイオンは17日から「ユニーク」な蒲焼を売り出し、新たな販売の試みも始めました。
 静岡市にあるイオン清水店は、土用の丑の日に向けて特設コーナーを設け約30の商品を並べています。
 イオン清水店 保坂千津店長「今年のテーマは『伝統』と『革新』」「革新」
 商品とは、ウナギの代わりに別の材料を使う「代替蒲焼」のことです。
 イオン清水店 保坂千津店長「鮭ハラスの蒲焼。ウナギの代わりに鮭を使った商品」
 「骨取り鮭ハラスの蒲焼」はうなぎが少し苦手という人にも味わえる商品だということです。
 記者「おいしい。最初口に入ったときは蒲焼の味だが、噛めば鮭のハラスだと分かる。新しい」
 一方、「伝統」の蒲焼はもちろんウナギ。ただ日本で初めての試みを施しています。
 イオン清水店 保坂千津店長「稚魚がどこで捕れて、どこで養殖、加工されているか、それがすべて分かるような商品」
 稚魚の段階から食卓に上るまでを明確にすることは、消費者にとっては食の安全安心につながります。また絶滅すら危惧されているニホンウナギの資源管理としても重要です。
 イオン清水店 保坂千津店長「伝統のウナギを食べたい人も新しい食材で蒲焼を食べたい人も両方楽しんでいただきたい」
 イオンは全国のグループ店約3000店舗で土用の丑の日メニューを展開するということです。

Comments are turned off
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...