Loading...

Marklin CS66 原鉄道模型博物館

132 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 29, 2015

Marklin CS66

 このモデルは交流20V、3線式1番ゲージのモデルです。原型はスイスのAe3/6をモデルとしていますが、動輪など、かなり簡略化されています。
 3線式とは・・線路が3本あり、その中央に通電します。いわば、架線をレールに移した形態になります。これは2線式では片側の車輪を絶縁する必要があり、多くの貨車、客車の車輪まで絶縁する必要を無くした為です。
 また、交流を使ったのは、当時、性能の良い磁石がなく、磁石を使う模型用の直流モーターを作れなかったからです。
 メルクリンは1930代になってスケールを重視したモデルを作りました。特にスイス型の電気機関車は素晴らしい完成度で、現在でもマニアの間で熱い視線を受けています。1930年代がメルクリンにとって、一番華やかな時代だったのではないでしょうか。



ホームページより

日本で初めて鉄道が開通した横浜の地に「原鉄道模型博物館」が開館しました。

日本で初めて鉄道が開通した横浜の地に、「原鉄道模型博物館」が2012年7月10日(火)に開館しました。

当博物館は、原信太郎が製作・所蔵した世界一ともいわれる膨大な鉄道模型と、鉄道関係コレクションを、一般に公開するものです。

信太郎の鉄道模型の特長の一つ目は、蒸気機関車から電気機関車へと鉄道が著しい発展を遂げた時代の日本・ヨーロッパ・アメリカを中心とした世界中の鉄道車両を再現したコレクションであることです。
横浜にいながら、世界の鉄道を楽しむことができます。

信太郎の鉄道模型の特長の二つ目は、本物の鉄道車両を忠実に再現していることです。模型は架線から電気をとり、鉄のレールを鉄の車輪で走行します。なかでもご注目いただきたいのはその"走行音"。
レールのつなぎ目の音がゴトンゴトンと鳴り、本物と同じサウンドを聞くことができます。ギア、板バネ、ベアリング、揺れ枕、ブレーキ・・・外からは見えませんが、本物の鉄道で使われている技術を搭載することにより実現した模型の走り。当博物館では、一番ゲージ(縮尺約1/32)の鉄道模型が実際に走行する、一般公開されている室内施設としては世界最大級のジオラマを用意しました。

信太郎は、鉄道と技術をこよなく愛し、鉄道の技術革新があると、世界のどこへでも実際に見に行き、乗車し、当時珍しいカメラや16mmフィルムに収めています。そのようにして収集された膨大な鉄道資料や旅行の資料、技術資料の数々の一部も当博物館でご紹介いたします。それらの技術が実際の模型に搭載されていることにもまた驚かれることでしょう。

信太郎が収集した模型や資料の数々は、鉄道史のみならず現代産業史にとって貴重であると同時に、鉄道という「その時代の先端技術」がもたらした、その時代の「旅の夢」「見知らぬ世界への憧れ」「新しい産業への夢」とも言えるものです。

皆様のご来館をお待ちしております。

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...