Loading...

【治安注意】インド・ムンバイ・悪徳旅行業者&行商人?麻薬&買春斡旋?Travel agent in Mumbai in india国際ジャーナリスト大川原 明!現地ルポ

42,592 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 29, 2016

国際ジャーナリスト&旅行ジャーナリスト 大川原 明のホームページは下記
http://yukokunoshi-akira.com/
アメブロ(憂国の士アキーラ世界1周・日本1周旅行記のブログ)は下記をクリック
http://ameblo.jp/yukokunoshi
Youtube1別チャンネル(憂国の旅人アキーラ旅Travel Channel1)
https://www.youtube.com/user/Yuukokun...
Youtube別チャンネル(ジャーナリスト大川原 明)
https://www.youtube.com/channel/UCEfs...

ムンバイ市内の観光名所であるインド門近くにきな臭い人々が結構いるのか。詐欺師や薬­­の売人、買春斡旋業者等。
この彼は、政府の観光局の人間といい近づいてきましたが、嘘が話してわかりました。
諜報のプロですので人の見極めは慣れてます。まず、政府の観光局の人間が道端で勧誘は­­おかしな話し!そしてレストラン斡旋とか。
あと、顔で嘘やきな臭さが出ていましたwこの写真からは分からないでしょうが。
良い動画撮影ができました。友情出演?ですw
邦人旅行者への注意喚起動画が撮影できました。もちろん、彼にはノーギャラでw面白い­­交流ありがとう。

ムンバイ(マラーティー語:मुंबई、英: Mumbai)はインドの西海岸に面するマハーラーシュトラ州、ムンバイ市街県の都市­­­。同州の州都である。インド最大の都市であり、南アジアを代表する世界都市の一つ­で­あ­る。

1995年、ヒンズー至上主義の極右政党シブ・セナ(SS)が主導したことにより、英­­­語での公式名称がボンベイ (Bombay) から、現地語(マラーティー語)での名称にもとづくムンバイへと変更された。
2016年2月、英紙インディペンデントは「極右が望む言い方のため」という理由で旧­­­称ボンベイに戻すことを、同紙アモル・ラジャン編集長がBBCラジオで発表した。

ムンバイ市域人口は1,248万と世界でも有数。ムンバイ新市街として建設されたナビ­­­ムンバイ(新ボンベイ)やムンバイの衛星都市として発展してきたターネーなど周辺­の­大­都市をも含めた都市圏人口は、2011年、2,129万人であり世界第6位で­ある­。2­008年のムンバイの域内GDPは2090億ドルで、世界第29位である­。

2014年には、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを­­­対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第41位の都市と評価されて­お­り­、インドでは首都ニューデリーを凌ぎ第1位であった。天然の良港に恵まれてい­る­­こともあり、国全体の海上貨物の半数以上を担う港湾都市でもある。

ムンバイは国内随一の商業及び娯楽の中心都市であり、国全体のGDPのうち5%、工業­­­製品の25%、海運の40%、資本取引の70%を計上する。国際金融フローにおい­て­は­、アジア有数の金融センターとして、インド準備銀行、ボンベイ証券取引所、イ­ンド­国立­証券取引所といった官民の金融機関をはじめ、多くのインド企業の本社や多­国籍企­業の主­要拠点が置かれる。ビジネス機会が豊富なムンバイには、より大きな事­業機会や­比較的高­い生活水準を求め国内各地から多くの人が集まり、様々な宗教・文­化の集積地­ともなって­いる。


初インド。平成28年(2016年)3月8日に日本を発ってから、インドのムンバイに­­­タイのバンコク経由で到着。ムンバイ→ゴア→コーチン→ムナール→チェンナイ→バ­ラ­ナ­シ→デリー→アーグラー→アーメダバード→ムンバイと25日間滞在。

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...