Loading...

廃止1年前の弘南鉄道 黒石線 (1997年)

11,314 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 31, 2013

かつて奥羽本線・川部と黒石を結んだ国鉄黒石線は赤字に陥り、国鉄線としては廃止されたが、地域の有力企業・弘南鉄道が経営を引き受け、私鉄として再生した珍しい転換例を持つ路線だった。もともと弘南鉄道の黒石駅と国鉄黒石駅は別の駅だったが、両路線が接近する地点から渡り線を新設し、弘南鉄道黒石駅に直接乗り入れるようにするなどの利便を計った。
 弘南鉄道黒石線は、当初は国鉄から譲り受けたキハ22形を使用して運転していたが、1995年に小坂製錬小坂鉄道からキハ2100形を譲り受けて使用を開始、キハ22は予備車となった。しかし黒石線の利用客にとってはそれまでの直通運転が廃止され川部駅での乗り換えが必至となったこと、乗り継ぎで運賃が割高となったことなどデメリットが多かった。また弘南鉄道にとっても、黒石線のためだけに気動車を保有せざるを得なかった。そして赤字が嵩んでくると当然、廃止問題が再浮上。1998年3月いっぱいをもって廃止、バス転換された。
 映像は廃止の一年前。可能な限り、通常の様子を記録しようとしたものだ。なお取材に際しては弘南鉄道の許諾を得ている。
 なお廃止後、道の駅いなかだて横において保存されていた黒石線の気動車だが、2013年11月にすべて解体されてしまった。残念なことである。

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...