Loading...

本條秀太郎 現代(いま)

10,359 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 24, 2011

三味線演奏家、作曲家の本條秀太郞を紹介
HP http://www.honjoh.co.jp/index.html
三味線 本條秀太郎 演奏会
honjoh hidetaro
shamisen
日本音楽著作権協会正会員、日本民族音楽会会員、現代邦楽作曲家連盟会員、現代三味線音楽協会運営委員、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師、 いばらき大使、水郷いたこ大使、日本民族歌謡継承発展協会代表、日本民謡協会名誉教授

茨城県出身。三味線を篠塚みつ師に、長唄を稀音家芳枝師に、民謡を二代目大船繁三郎師、藤本琇丈師の両師に、小唄は田毎てる三師に師事。以後修学に勤め、1971年に本條流を創流。

流儀曲として三弦の持つ表現の自由闊達さに回帰し、時代時代に歌われてきた"小さなうた達"の断片をも復元再生し、自然発生的に歌い継がれてきた"うた"(自然民謡)、普遍的、民族的な躍動感や旋律をモティーフに、現代に伝統音楽として生まれた楽派「俚奏楽」を発表。

古典の枠に留まらず、様々なジャンルの音楽、奏者と共演し、数多くの国内外公演を行っている。26回を数える「本條秀太郞の会」を主催し、三味線音楽の興隆に力を尽くし、民謡・民俗芸能の発掘、採譜等、幅広い音楽活動を続けている。また、多年に渡り350曲におよぶ「端唄」を収集。10年がかりで全曲を唄う演奏会に取り組んでいる。また、新作端唄を多数作曲、演奏発表している。2006年に淡交社より「本條秀太郞三味線語り」と出版。2008年、2009年、2010年演劇界の鬼才 サイモン・マクバーニー演出「春琴」に出演・音楽担当。邦楽ドラマ「松廼家おけい」-山本周五郎作『虚空遍歴』より(紀尾井小ホール)に出演、音楽担当。

1983年、第4回松尾芸能賞「民族音楽優秀賞」を受賞。
1986年、文化庁芸術祭音楽部門「芸術祭賞」を受賞。
1991年、文化庁芸術祭音楽部門「芸術祭賞」を受賞。
2004年、第54回文化庁芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
2007年、紫綬褒章を受章。
2007年、(財)日本民謡協会「民謡名人位」受賞。
J-Tradとして現代に生きる音楽「現代民謡歌謡」を作り、発表している。邦楽器を使った現代音楽の作曲活動・民謡音楽との コラボレーションを積極的に行い、「散華」「海照」「化転」「三弦」「端唄」「俚奏楽」「回 帰」「額田」「こもりうた」のCD等を発表している。

また、多年に渡り350曲におよぶ「端唄」を収集し、現在、アルバム制作中。1993年第1回「端唄~江戸を聞く~廓八景」(TOKYO FMホール) を皮切りに、全曲を唄う演奏会に取り組んでいる

Comments are disabled for this video.
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...