Loading...

「日本緑茶発祥の地」 京都・宇治田原町の湯屋谷・奥山田地区

514 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 17, 2018

京都府宇治市の南側に接する宇治田原町は「日本緑茶発祥の地」。2015年、同町を含む府南部の山城地域で発展してきた日本茶800年の歴史が日本遺産に認定されたころから、観光客が増えている。
国道307号から案内表示に従って湯屋谷方面へ折れると、大きくて真新しい建物が見えてきた。交流拠点施設「宗円交遊庵 やんたん」。6月30日にオープンした。

 宗円は、地元出身で日本緑茶の源流となった「青製煎茶製法」を江戸時代の1738年に生み出した永谷宗円(本名・宗七郎)を指す。「永谷園」創業者の祖先だ。「やんたん」は地元の方言で、昔から湯屋谷のことをこう呼ぶ。

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...