Loading...

今にいかせ、始皇帝出生秘話NO,1(司馬遷:史記)一八史略の原文からお話します。

4,562 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Aug 12, 2013

今にいかせ、始皇帝出生秘話NO,1(司馬遷:史記)一八史略の原文からお話します。

始皇帝の功業・容姿・性格をお話しました。写真や資料集もお見せしました。

始皇帝(しこうてい、紀元前259年 - 紀元前210年)は、中国戦国時代の秦王(在位紀元前246年 - 紀元前221年)。姓は嬴(えい)、諱は政(せい)。

現代中国語では、始皇帝、または秦始皇(チンシュフアン)と称する。紀元前221年に中国統一を成し遂げると最初の皇帝となり、紀元前210年に49-50歳で死去するまで君臨した。

中国統一を成し遂げたのちに「始皇帝」と名乗った。

歴史上の重要な人物であり、約2000年に及ぶ中国皇帝の先駆者である。統一後は、重臣の李斯とともに主要経済活動や政治改革を実行した。

始皇帝は巨大プロジェクトを実行し、万里の長城の建設や、等身大の兵馬俑で知られる秦始皇帝陵の建設、国家単位での貨幣や計量単位の統一、交通規則の制定などを、多くの人民が払う犠牲の上に行った。また、法による統治を敷き、焚書坑儒を実行したことでも知られる。

焚書・坑儒(ふんしょ・こうじゅ)とは、中国を秦王朝が統治していた時代に発生した思想弾圧事件。焚書・坑儒とは、「書を燃やし、儒者を坑する(儒者を生き埋めにする)」の意味。




水谷貞夫 ミズタニ サダオ
1935年 名古屋に生まれる
中央大学法学部卒業
在学中現代易学の大家鈴木由次郎教授に師事して東洋思想を学び『易経』
の単位を取得。
卒業後は名古屋法経専門学校、岡崎女子短大、近畿大学等で民事法
の講義を担当し定年。
著書『現代経営学総論』海声社刊共著など。
元日本経営学会会員
現在は30余年の易学の知見をもとに開業中

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...