Loading...

#CrazyAboutRugby #AirNZSafetyVideo

「オールブラックス航空」編

22,311 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 31, 2019

“我々がどれほどラグビーに夢中かを世界に示すため、社名を変更しました…「オールブラックス航空」と”

今回の機内安全ビデオの舞台は、「オールブラックス航空」の本社。
取締役たちの会議では、オールブラックス航空の記念すべき1本目の機内安全ビデオについてアイデアが話し合われています。
会議のメンバーには、オールブラックスのスティーブ・ハンセン ヘッドコーチ、主将のキーラン・リードや、ニュージーランド出身の俳優クリフ・カーティス、そして人気海外ドラマ「スーツ」でルイス・リットを演じたリック・ホフマン(機内安全ビデオでは、航空会社の顧問弁護士役)など、多彩な顔ぶれが揃います。
さらに、ニュージーランド女子ラグビー代表・ブラックファーンズの前キャプテン ファイヨ・オファ・アマウシリ、オールブラックスの歴代のヒーローであるサー・マイケル・ジョーンズ、サー・ジョン・カーワン、デビッド・カーク、バック・シェルフォード、ゲーリー・ウェットン、前回2015年ラグビー・ワールドカップに向けて発表された機内安全ビデオにてメインキャストを演じたイズラエル・ダグとスタン・ウォーカーの姿も。そしてニュー・フェイスとして元オーストラリア代表ジョージ・グレーガン、 現在のオールブラックであるアントン・レイナート・ブラウン、サム・ケイン、ライアン・クロッティの3人も登場します。
この最強のキャスト陣は、ニュージーランド航空がいかにラグビーを愛してやまないかを物語っています。

ビデオでは、会議参加者のアイデアが次々と機内安全説明として具現化していきます。
例えば、オールブラックスの選手が出演したらいいという意見や、東京のファンたちにもメッセージを発信してもらったらいいというアイデアも。
我らがオールブラックスの選手たちや、ファン、子どもたち、そして、伝説的なラグビー・ヒーローたち。全員が集結したこの機内安全ビデオは、世界中のすべての人たちにニュージーランドの誇りを伝えています。

#CrazyAboutRugby #AirNZSafetyVideo

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...