Loading...

ペットボトル分解細菌を発見 大阪・堺にちなみ命名

77 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 10, 2016

ペットボトル分解細菌を発見 大阪・堺にちなみ命名
京都新聞 3月11日 8時22分

ペットボトル分解細菌を発見 大阪・堺にちなみ命名
PETフィルム上で育つ細菌。ファイバー(繊維)を伸ばして、個体同士やフィルム表面とつながっている=小田耕平京都工芸繊維大名誉教授提供
 ペットボトルや衣服の素材であるPET(ポリエチレンテレフタレート)を分解する細菌を、小田耕平・京都工芸繊維大名誉教授や木村良晴・同名誉教授、吉田昭介・元慶応大理工学部助教らのグループが見つけた。分解メカニズムも解明しており、PET製品のリサイクルなどにつながる。米科学誌サイエンスで11日発表する。
 堺市で採取した試料から得たことにちなんで、細菌の名称を「イデオネラ・サカイエンシス201-F6」と名付けた。この細菌は、ペットボトルなどに比べて結晶化の度合いが弱いPETフィルムの表面に張り付いて分解する。
 遺伝子の解析から、2種類の酵素を用いてエチレングリコールとテレフタル酸に分解していることも突き止めた。これらの酵素は、これまでに報告されているPET分解酵素と異なり、常温で活性が高い特徴があった。
 現在、PETのリサイクルでは化学的な処理が行われているが、細菌を用いることでエネルギーの消費量を減らすことが期待できる、という。

引用元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=201...

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...