Loading...

東海道岡崎宿と花火の競演[Network2010]

527 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 8, 2013

詳しくはhttp://network2010.org/article/448


南塚だけが残る大平の一里塚から北西へ約200mほど入ったところにあるのが大岡越前の屋敷跡。
大岡越前守忠相が寛延元年(1748年)、一万石の大名となった際、西大平藩の領地を治めるために
置いた陣屋(政庁兼居所)。
二十七曲が八帖町までの間の城下町をクランク状に曲がりながら走っている。
若宮八幡の境内には、家康の長男 松平信康の墓が祀ってある。
八柱神社の境内には築山殿(駿河御前)の首塚が祀られている。
今川義元の姪である築山殿は、徳川家康の正室。桶狭間の戦い後、信長に謀反の嫌疑をかけられ、
長男 松平信康の切腹とともに殺害された。
岡崎城は、1542年に徳川家康が生まれた城。家康の父 松平広忠が家臣の謀反で殺害され、岡崎城は今川家の属城となったが、桶狭間の戦いで今川義元が敗死し、ようやく家康は岡崎城を取り戻すことができた。
関ヶ原の戦い後は徳川譜代の本多康重が5万石の城主となり、岡崎を治めた。
乙川は岡崎市を流れる矢作川最大の支流、毎年8月に盛大な花火大会が行われることでも有名。
八丁味噌カクキューは、史料館を併設し、八丁味噌の歴史を紹介している。
二十七曲も終わり、若き日の秀吉が野武士の蜂須賀小六と出会ったとされる矢作大橋跡へと行く。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...