Loading...

オランダ料理

64 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 1, 2019

オランダ料理, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2... / CC BY SA 3.0

オランダ料理

オランダ料理(オランダりょうり、)は、漁業および作物収穫量と家畜を増やすための土地の耕作を含む農業の実践、歴史によって形成された。

オランダの食事は、伝統的にパンとニシンを主とする。18世紀にジャガイモ(16世紀にスペインによりペルーからヨーロッパに伝播)が普及し、1800年までに主要な食品となった。

オランダ料理は歴史的に北部フランス料理と関連が深く、オランダの伝統的レストランおよび南部地方の料理にいまだ残っている。15世紀に高級料理のコースが始まり、上流階級にほとんど限定されていたが、17世紀以降にこのような様々な種類の果物、チーズ、肉、ワイン、およびナッツからなる料理が裕福な市民にも広まった。

国民の料理は20世紀のオランダの困窮時に、非常に乏しくなった。大衆教育が始まると、非常に多くの女子が新たな学校、"Huishoudschool"(家政学校)に入った。そこでは、若い女性が家庭内労働者になるための訓練を行い、安価な料理と質素な食事の実習が主な教科内容であった。より伝統的なオランダ料理を基に手順が少しずつ変わることが多かった。

今日の料理本では、オランダ料理は3つの一般的地域に区分される。

オランダの北東部、おおよそフローニンゲン州、フリースラント州、ドレンテ州、オーファーアイセル州、および大河川地帯のヘルダーラント州北部に該当する地域においてオランダ北東部料理を形成する。

この地域はオランダで最も人口密度が低い場所であり、歴史的に最も発展が少ない地域でもある。大規模農業が遅れた(18世紀)ため、多くの種類の肉料理が一般に知られるようになった。相対的な農地不足によりジビエ、畜産が豊富であり、フリースラント州、フローニンゲン州の沿岸部およびオーファーアイセル州のアイセル湖沿岸では魚もまた豊富である。

オランダのソーセージ、メトヴォルストの一種である様々なドライソーセージがこの地域全体で作られ、非常に強い風味が高く評価されている。ほとんどの町や村には地域独特のドライソーセージがある。この地域ではまた、伝統的な薫製ソーセージが生産され、(ヘルダーラント州の)ロークウォルストが最も有名である。これらのソーセージは、伝統的に木材のチップで薫製され、茹でて供される。このソーセージには多くの脂が含まれ、肉汁が多い。大きいソーセージはスタムポットやヒュッツポットまたはズールコールを添えた料理として、小さなものはストリートフードとして食される。

この地域はまた多くの種類のペイストリーやクッキーの産地である。柔らかくしっとりとしたオランダ南部料理とは対照的に、北東部のペイストリーは食感が堅くショウガや肉片で強く風味付けされている。クラウドクック(""、フローニンゲンクックなど)、"Fryske dúmkes"や小さな甘くないパンケーキ(スペックディック、""を含む)が典型的とされる。

アルコール飲料については、この地域では(ベーレンブルグのような)ビターズや度数の高い酒が、全国で一般的なビール(ジェネヴァを除く)よりも多いことで有名である。

北ホラント州、南ホラント州、ゼーラント州、ユトレヒト州、およびヘルダーラント州のベートゥヴェ地方がオランダ西部料理が作られる地域を形成する。この地域はゴーダチーズやライデン(、クミン入りのチーズ)、エダムチーズ(伝統的に小さく丸い形)、レアダマ、ベームスター(ベームスター干拓地産)といった著名なチーズを含む多くの乳製品、北ホラント州のザーンスタット近郊におけるマヨネーズとマスタードで知られている。

ゼーラント州および南ホラント州では大量のバターを生産し、他のヨーロッパ地域のほとんどのバター類の乳脂肪分総量よりも多くの量である。バター生産工程の副産物であるバターミルクもまた、この地域特有と考えられる。

ニシン(生食用)、ムール貝、ヨーロッパウナギ、カキ、エビといった魚介類がこの地域特有で広く食されている。白身魚を小さく切って衣で揚げた料理、キベリンは地域の名物であったが、全国的なファストフードとなった。

この地域のペイストリーは柔らかい傾向があり、キャラメル、粉砂糖、砂糖漬けのいずれかで多くの砂糖が加えられる場合が多い。現在のオリーボーレンやゼーウスボールスが良い例である。クッキーも数多く作られ、たっぷりのバターや何らかのフィリング(主にアーモンド)入りである場合が多い。

この地域で伝統的なアルコール飲料はビール(度数の強いペールラガー)およびジュニパーで香り付けした強いスピリッツのジェネヴァである。...

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...